バゾシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bazoches
Bazoches - Village.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏
(département) ニエーヴル県Blason département fr Nièvre.svg
(arrondissement) クラムシー郡
小郡 (canton) コルビニー小郡
INSEEコード 58023
郵便番号 58190
市長任期 ロベール・ソトレル
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Portes du Morvan
人口動態
人口 175人
2014年
人口密度 12人/km2
地理
座標 北緯47度22分39秒 東経3度47分15秒 / 北緯47.3775度 東経3.7875度 / 47.3775; 3.7875座標: 北緯47度22分39秒 東経3度47分15秒 / 北緯47.3775度 東経3.7875度 / 47.3775; 3.7875
標高 最低:193 m
最高:417m
面積 14.65km2
Bazochesの位置(フランス内)
Bazoches
Bazoches
テンプレートを表示

バゾシュBazoches)は、フランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏ニエーヴル県コミューン

地理[編集]

バゾシュはモルヴァン地方に属し、モルヴァン地域圏自然公園の一部である。

由来[編集]

バゾシュは典型的な中世の構成をした言語で、古フランス語で教会を意味するbasocheまたはbazocheを基礎としている。

歴史[編集]

コミューンは、フランス元帥ヴォーバンが住居としていたバゾシュ城があることで知られている。小さなサンティレール教会は12世紀以来の歴史を持ち、ヴォーバン家の墓がある。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2014年
280 311 283 266 223 197 160 175

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[1]、2006年以降INSEE[2][3]

史跡[編集]

  • バゾシュ城 - 歴史的記念物
  • シャトー・ド・ヴォーバン - 12世紀の古い要塞化された邸宅。バゾシュ城を手に入れた後にヴォーバン元帥が1684年にいとこから購入した。
  • サンティレール教会 - 12世紀ゴシック様式、17世紀再建。ヴォーバン元帥一族の墓があり、1808年にナポレオン・ボナパルトの判断によって、元帥の心臓が抜き取られてパリのオテル・デ・ザンヴァリッドに埋葬された。

脚注[編集]