バイオラ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Biola University
校訓 Above All Give Glory to God
学校種別 私立
設立年 February 25, 1908
基金 $105.4 million[1]
学長 Barry H. Corey, Ph.D
副学長 Deborah Taylor
大学職員数
475
学部生数 4,011
大学院生数 1,308
位置 ラ・ミラダCA
キャンパス 郊外, 96エーカー (39 ha)
卒業生数 51,000
スクールカラー パントン 186 (Red), 黒・白            
スポーツ 17種目
マスコット
所属 CCCU
GSAC
ウェブサイト www.biola.edu

バイオラ大学(Biola University)は、キリスト教福音派系の私立総合大学である。ロサンゼルスの近くに位置する。カルフォルニア州のロサンゼルス郡のラ・ミラダ市に主なキャンパスがある。ほかにも数箇所にキャンパスを持つ。

沿革[編集]

  • 最初は、ロサンゼルスの繁華街の六番ストリートとホープ・ストリートの角にあった。1959年に、ラ・ミランダの郊外の現在の位置に移転した。
  • 1908年2月25日にレイマン・ストゥワートによってロサンゼルス聖書学院(Bible Institue of Los Angeles)として創立された。カルフォルニア・ユニオン石油会社とクリスチャン作家のT.C.ホートンが共同の所有者だった。
  • 1935年に著名なラジオ伝道者のポール W. ルードがバイオラの三代目の学長になった。彼は、今日も続く、トーレイ記念聖書会議をはじめた。ルードは、大恐慌による経済危機から大学を救った後に1938に退任した。
  • 1938年から1952年まで、タルボットがバイオラの学長の二期目になった。プログラムが四年制になり、神学とキリスト教教育と教会音楽ができた。1945年に医療宣教の学校が設立された。1946年に看護学のコースを開設した。また、バイオラ・インステテュート・アワーというラジオ番組を作った。これは、後にバイオラ・アワーになった。
  • 1949年にバイオラ・カレッジに名前を変えた。なお、Biola とは Bible Institue of Los Angeles の頭文字である。
  • 1981年にバイオラ・ユニバーシティーに名前を変えた

卒業生[編集]

脚注[編集]