ジョン・スーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・ランドルフ・スーンJohn Randolph Thune1961年1月7日 - )は、アメリカ合衆国政治家サウスダコタ州出身の連邦上院議員。所属政党は共和党。キンバリー・スーン夫人との間にブルタニューとラリッサの2人の娘がいる。

経歴[編集]

サウスダコタ州マードにて、ノルウェー系の父ハロルド・リチャード・スーンとカナダ出身の母イヴォンヌ・パトリシアとの間で生まれる。マッドと言う兄弟がいる。高校時代はスポーツをしており、バスケットボール陸上トラック競技サッカーなどスポーツ競技で活躍した。

大学ではカリフォルニア州バイオラ大学に進学し、大学でもバスケットボールで活躍し、様々な運動競技のイベントにも参加している。1983年に文学士の学位を取得し、バイオラ大学を卒業。卒業後は故郷のサウスダコタ州にあるサウスダコタ大学にも進み、経営学修士の学位を取得した。

1985年から1987年ジェイムズ・アブドナー上院議員の立法上の側近として務める。1989年にはサウスダコタ州ピエール市に移り、2年間、共和党の専務取締役として勤めた。1991年から1993年までサウスダコタ州知事ジョージ・S・ミケルソンにより指定された鉄道取締役として務めた。

1996年に下院選挙に共和党候補として出馬した。共和党指名争いでは有力されていた副知事候補を求めていたキャロル・ヒラードを破り、共和党指名を勝ち取った。民主党候補のリック・ウェイランドにも勝利し、下院議員に当選した。1998年にも再選し、2000年には2002年の有力な知事候補にもされていたが彼は上院の為に、知事選に出馬しなかった。

そして2002年に上院選挙に出馬するが、民主党のティム·ジョンソンに敗れる。 しかし、2004年にも再び上院選挙に挑戦した。ジョージ・W・ブッシュ大統領と副大統領のディック・チェイニーの強力な後押しと、大統領選挙にも出馬しようとしていた民主党候補のトム・ダシュルへの激しい攻撃と、同性結婚妊娠中絶などのダシュルの道徳的価値観の位置づけは保守的な州にはそぐわないと州の有権者に説得し有利に働き、ダシュルを破り上院議員に当選した。2010年の中間選挙ではサウスダコタ州の上院選に出馬する対抗馬がいなかったのでほぼ100%で彼は再選を果たした。

2008年の大統領選挙でジョン・マケインが共和党候補になると彼は副大統領候補の中の1人に挙がっていた。結果的にサラ・ペイリンが副大統領候補に選ばれた。2012年の大統領選挙では彼が出馬するのではと言われていた。しかし彼は出馬をしないと拒否した。大統領選でミット・ロムニーが共和党候補になると彼は有力な副大統領候補にも挙がっていた。しかし、ロムニーは副大統領候補にポール・ライアンを選んだ。 彼は共和党の会議副会長を務め、2009年に共和党政策委員会を務め、2011年に共和党大会委員長に選ばれ2012年に就任した。

彼はエネルギー政策に熱心で、主導的な役割を果たしている。エタノール風力発電などのエネルギー政策で、地元サウスダコタ州でとうもろこし栽培や風の強い草原での風力エネルギー推進をしている。

同性結婚や妊娠中絶に反対し、を持つ権利を重視するなど保守的な立場である。アメリカ保守派連合 (ACU)から評価されるなど、彼は保守派層から強い支持がある。

外部リンク[編集]