ハーテビースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーテビースト
ハーテビースト
ハーテビースト Alcelaphus buselaphus cokii
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ハーテビースト亜科 Alcelaphinae
もしくは(Antelopinae
: (ハーテビースト族 Alcelaphini
: ハーテビースト属 Alcelaphus
: ハーテビースト A. buselaphus
学名
Alcelaphus buselaphus (Pallas, 1766)[1]
和名
ハーテビースト[2]
英名
Hartebeest[1][3]

ハーテビースト(Alcelaphus buselaphus)は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ウシ科ハーテビースト属に分類される偶蹄類。

分布[編集]

アンゴラウガンダエチオピアガーナカメルーンギニアギニアビサウケニアコートジボワールコンゴ民主共和国ザンビアジンバブエセネガルタンザニアトーゴチャド中央アフリカ共和国ナイジェリアナミビアニジェールブルキナファソベニンボツワナマリ共和国南アフリカ共和国南スーダン[1]

エリトリアでは絶滅したと考えられている[1]。アルジェリア、イスラエル、エジプト、ガンビア、ソマリア、チュニジア、ブルンジ、モロッコ、ヨルダン、レソトでは絶滅[1]

形態[編集]

頭胴長(体長)175 - 245センチメートル[4]。尾長45 - 70センチメートル[4]。体高110 - 145センチメートル[4]。背は、肩から腰にかけて傾斜する[4]。喉や顎の体毛は、伸長しない[4]

頭部は細長く[2]、眼後部に筒状の隆起(角座)がある[4]。雌雄共に、角がある[4]。角は前から見ると、アルファベットの「U」や「V」字状[4]。横から見るとアルファベットの「S」字状で、先端付近を除いて節がある[4]

分類[編集]

亜種を独立種とする説もある。

以下の亜種の分類・英名・分布は、IUCN(2017)に、和名はMurray・今泉訳(1986)に従う[1]

Alcelaphus buselaphus buselaphus (Pallas, 1766) キタハーテビースト Bubal hartebeest(絶滅亜種)
アルジェリア、イスラエル、エジプト、チュニジア、モロッコ、ヨルダン、リビアに分布していた。
Alcelaphus buselaphus caama (É. Geoffroy Saint-Hilaire, 1803) カーマハーテビースト Red hartebeest
アンゴラ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ共和国。レソトでは絶滅。エスワティニ、ジンバブエに再導入。
Alcelaphus buselaphus cokii Günther, 1884 コンゴニハーテビースト Coke's hartebeest, Kongoni
ケニア、タンザニア
Alcelaphus buselaphus lelwel (Heuglin, 1877) レルウェルハーテビースト Lelwel hartebeest
エチオピア、カメルーン、コンゴ民主共和国、スーダン、タンザニア、チャド、中央アフリカ共和国、ベニン、南スーダン。ケニアでは絶滅。
Alcelaphus buselaphus lichtensteinii (Peers, 1849) Lichtenstein's hartebeest
アンゴラ、ザンビア、ジンバブエタンザニア、マラウイ、モザンビーク。ブルンジでは絶滅。
角座が不明瞭[2][4]
Alcelaphus buselaphus major (Blyth, 1869) ニシハーテビースト Western hartebeest
ガーナ、カメルーン、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、セネガル、トーゴ、チャド、中央アフリカ共和国、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ベニン、マリ共和国
Alcelaphus buselaphus swaynei (Sclater, 1892) ソマリハーテビースト Swayne's hartebeest
エチオピア。ソマリアでは絶滅。
Alcelaphus buselaphus tora Gray, 1873 トーラハーテビースト Tora hartebeest(絶滅亜種?)
エリトリア、エチオピア、スーダン

生態[編集]

藪地や林が点在する草原に生息する[4]。1頭のオスと、複数頭のメスからなる群れを形成する[4]。乾季になると、数百頭から数千頭に達する大規模な群れを形成することもある。

イネ科草本などを食べる[4]

妊娠期間は8か月[4]。1回に1頭の幼獣を産む[4]

人間との関係[編集]

宅地開発による生息地の破壊、食用の狩猟やスポーツハンティング、家畜との競合などにより、生息数は減少している[1]

A. b. buselaphus キタハーテビースト
1945 - 1954年に絶滅した[1]
EXTINCT (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 EX.svg
A. b. caama カーマハーテビースト
2017年現在、生息数は増加傾向にある[1]
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 LC.svg
A. b. cokii コンゴニハーテビースト、A. b. lichtensteinii
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 LC.svg
A. b. lelwel レルウェルハーテビースト、A. b. swaynei ソマリハーテビースト
ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 EN.svg
A. b. major ニシハーテビースト
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 VU.svg
A. b. tora トーラハーテビースト
2017年現在では、2000年代以降の確認例がなく絶滅した可能性がある[1]
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 CR.svg

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q IUCN SSC Antelope Specialist Group 2019. Alcelaphus buselaphus (amended version of 2016 assessment). The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T811A143160967. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2019-1.RLTS.T811A143160967.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus buselaphus. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T813A50181474. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T813A50181474.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus caama. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T814A50181496. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T814A50181496.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus cokii. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T815A50181521. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T815A50181521.en. Downloaded on 18 April 2020..
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus lelwel. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T816A50181544. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T816A50181544.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus lichtensteinii. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T812A50181339. https://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T812A50181339.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus major. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T817A50181578. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T817A50181578.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus swaynei. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T809A3145291. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T809A3145291.en. Downloaded on 18 April 2020.
    IUCN SSC Antelope Specialist Group 2017. Alcelaphus buselaphus tora. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T810A50180985. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T810A50180985.en. Downloaded on 18 April 2020.
  2. ^ a b c Martyn G. Murray 「大型アンテロープ」「ブルーバック亜科24種」今泉吉晴訳『動物大百科 4 大型草食獣』、平凡社、1986年、120-131頁。
  3. ^ Kristin Batty, 2002. "Alcelaphus buselaphus" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed April 18, 2020 at https://animaldiversity.org/accounts/Alcelaphus_buselaphus/
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 今泉吉典 「ブルーバック亜科の分類」『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、36-59頁。

関連項目[編集]