ハンバントタ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンバントタ県
හම්බන්තොට දිස්ත්‍රික්කය
அம்பாந்தோட்டை மாவட்டம்
Hambantota District
—    —
ハンバントタ県
座標: 北緯6度15分 東経81度10分 / 北緯6.250度 東経81.167度 / 6.250; 81.167
スリランカの旗 スリランカ
南部州(スリランカ)の旗 南部州
県都 ハンバントタ
郡・村落
行政
 - 県次官 R.M.D.B. Meegasmulla
面積
 - 計 2,609km2 (1,007.3mi2)
 - 陸地 2,496km2 (963.7mi2)
 - 水面 113km2 (43.6mi2)
人口 (2012[1])
 - 計 595,877人
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)
ISO 3166コード LK-33
ウェブサイト www.hambantota.dist.gov.lk

ハンバントタ県シンハラ語: හම්බන්තොට දිස්ත්‍රික්කයタミル語: அம்பாந்தோட்டை மாவட்டம்英語: Hambantota District)は、スリランカ南海岸の南部州に属する。面積は2,609 km²で、非常に乾燥した気候をしている。県都はハンバントタ。その他の主要な町としてはタンガッラ英語版アンバラントタ英語版ティッサマハーラーマ英語版、それにベリアッタ英語版が存在する。

1948年のスリランカ独立以前の近代的な開発が行われる前は、この地域では焼畑農業灌漑無しの水田稲作といった特徴的な農業が行われていた。高地ではkurakkan(シコクビエ)やトウモロコシといった穀物の栽培が行われた。

地理[編集]

ハンバントタ県はスリランカ南海岸のインド洋に面した平野部にあり、東西に並ぶ南部州3県の中で東側に位置する。県自体も東西に伸びた形をしており、西でマータラ県、北西でサバラガムワ州ラトゥナプラ県、北でウバ州モナラーガラ県、北東で東部州アンパーラ県と接する。県庁所在地であるハンバントタは、県の東西中央南側のインド洋に面した沿岸部に位置している。

主要な都市及び町[編集]

主要港湾[編集]

人口動態[編集]

2012年現在のハンバントタ県の人口は595,877人[1]2001年の調査では人口の96%が農村部に居住していた。失業率は13.4%であり、これは当時の全国平均8.3%と比較して高い数字である。就業人口の42.2%が農業部門に従事しており、23.3%が鉱工業部門、残りの34.5%がサービス部門であった。[2]

民族[編集]

民族別の人口[3]
民族 人口  %
シンハラ 579,032 97.1%
スリランカ・マレー 8,210 1.4%
スリランカ・ムーア 6,556 1.1%
スリランカ・タミル 2,111 0.4%
バーガー 138 0.0%
インド・タミル 136 0.0%
その他 434 0.0%

宗教[編集]

宗教別の人口[4]
宗教 人口  %
仏教 577,284 96.8%
イスラム教 15,163 2.5%
ヒンドゥー教 1,243 0.2%
カトリック 1,098 0.2%
その他のキリスト教 1,511 0.3%
その他 318 0.1%

参考文献[編集]

  1. ^ a b POPULATION OF SRI LANKA BY DISTRICT (PDF)” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局 (2012年4月20日). 2012年12月9日閲覧。
  2. ^ Source: Department of Census & Statistics - Sri Lanka
  3. ^ A2 : Population by ethnic group according to districts, 2012” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局. 2013年1月19日閲覧。
  4. ^ A3 : Population by religion according to districts, 2012” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局. 2013年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]