ハンバントタ港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンバントタ港
Hambantota Port Docks two ships.jpg
所在地
スリランカの旗 スリランカ
所在地 ハンバントタ
座標 北緯06度07分10秒 東経81度06分29秒 / 北緯6.11944度 東経81.10806度 / 6.11944; 81.10806座標: 北緯06度07分10秒 東経81度06分29秒 / 北緯6.11944度 東経81.10806度 / 6.11944; 81.10806
詳細
開港 2010年11月18日
種類 海港
統計
公式サイト www.slpa.lk
ハンバントタ港の位置。スリランカ南海岸の、インド洋シーレーン上に位置している。

ハンバントタ港(ハンバントタこう、英語: Magampura Mahinda Rajapaksa Port, Port of Hambantota)は、スリランカ南部ハンバントタ県ハンバントタにある港湾

概要[編集]

スリランカ西部のコロンボ港、東部のトリンコマリー港に並ぶ第三の国際港湾として、2008年から建設が進められた。建設は、数期にわたる大規模な構想があり、第一期工事分は中華人民共和国が建設費用の85%を借款でバックアップする下、中国の国有企業、中国港湾工程公司が担当して建設が行われた。2010年に一期工事は完成し、乗客用ターミナル、貨物取扱所、倉庫、燃料積込地などが整備されている[1]

中華人民共和国にとっては、インド洋におけるシーレーン一帯一路の「真珠の首飾り戦略」で重要な位置を占める港湾であり、2014年には中国人民解放軍海軍宋級潜水艦など、複数の中国艦船の寄港が行われている[2]

コロンボと比べ、都市から港までのアクセス道路などの整備は遅れており、ハンバントタ港の稼働率は低迷している。2017年の年間寄港船数は251隻であった[3]。スリランカ政府の資金難もあり、2017年8月には向こう99年間[4]の港湾運営権を11億 米ドルで中国企業に貸し出す契約が結ばれた[5][6]。ただし、インドの警戒感への配慮から、中国人民解放軍による軍事利用は認めないことが通知されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ スリランカ:中国資本の深水港、新たに開港インドに脅威 大紀元(2010/11/23)2017/2/11閲覧
  2. ^ インド刺激する中国潜水艦 スリランカに寄港 「真珠の首飾り」戦略で南アジアに影響力 産経ニュース・産経新聞社(2014/11/2)2017/2/11閲覧
  3. ^ (アジアに浸透する中国)99年租借地となっても中国を頼るスリランカ(荒井 悦代)” (日本語). ジェトロ・アジア経済研究所. 2019年7月27日閲覧。
  4. ^ 中国語では九九と久久の発音が同じで、永久租借の意に繋がる。また英領香港の租借期間と同じでもある。
  5. ^ スリランカ・港を中国に貸し出しへ財政厳しく 毎日新聞(2017/2/7)2017/2/11閲覧
  6. ^ スリランカ、ハンバントタ港の運営権を中国企業に譲渡 インドなどが懸念”. AFP通信 (2017年7月30日). 2017年8月6日閲覧。
  7. ^ “中国と新たな合意/スリランカ「軍事利用させない」港権益貸与」”. 『産経新聞』朝刊. (2017年7月26日). http://www.sankei.com/world/news/170726/wor1707260015-n1.html 

関連項目[編集]