ハロルド・ヴィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロルド・ヴィック
Harold Vick.jpg
基本情報
出生 1936年4月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州ロッキーマウント
死没 1987年11月13日(満51歳没)
ジャンル ハード・バップソウル・ジャズ
担当楽器 サックス、フルート

ハロルド・ヴィック (Harold Vick、1936年4月3日 - 1987年11月13日)は、アメリカのハード・バップソウル・ジャズのサックスとフルート奏者である。アメリカ・ノースカロライナ州ロッキーマウント出身。

ハロルド・ヴィックは、1960年代と70年代にリーダーとして、幾つかのアルバムをリリースし、とりわけ、グラント・グリーンジャック・マクダフジミー・マクグリフシャーリー・スコット等、サイドマンとして参加した。ハロルド・ヴィックはまた、ナット・アダレイ、アレサ・フランクリン、ディジー・ガレスピー、マーサー・エリントン、サラ・ヴォーンビリー・テイラードナルド・バードホレス・シルヴァーレイ・チャールズジーン・アモンズと共演した[1]

ハロルド・ヴィックは、映画『スターダスト・メモリー』、『コットンクラブ』で演奏出演を果たした。ハロルド・ヴィックはまた、スパイク・リーの映画学校の学校生活に送った[2]


ディスコグラフィー[編集]

リーダー作アルバム[編集]

  • 1963: Steppin' Out! (Blue Note) with Blue Mitchell, Grant Green, John Patton, Ben Dixon
  • 1966: The Caribbean Suite (RCA) with Blue Mitchell, Albert Dailey, Bobby Hutcherson, Walter Booker, Mickey Roker, Everett Barksdale
  • 1966: Straight Up (RCA) with Everett Barksdale, Virgil Jones, Albert Dailey, Warren Chiasson, Hugh Walker
  • 1966: Commitment (Muse) with Mickey Roker, Walter Bishop, Jr., Victor Feldman
  • 1967: Watch What Happens (RCA) with George Marge, Joe Farrell, Jimmy Owens, Tom McIntosh, John Blair, Herbie Hancock, Everett Barksdale, Bob Cranshaw, Grady Tate, Teddy Charles, Lawrence Lucie
  • 1973: The Power of Feeling (Encounter Records, released under the name Sir Edward)
  • 1974: Don't Look Back (Strata-East) with Billy Hart, Kiane Zawadi, Joe Bonner, Sam Jones
  • 1977: After the Dance (Wolf) with Richard Tee, Arthur Jenkins, Steve Gadd, Anthony Jackson, Eric Gale, Ralph MacDonald, Dom Um Romao, Patti Austin, Randy Brecker, Michael Brecker, Eddie Daniels, Jon Faddis

参加アルバム[編集]

Jack McDuff

  • Sanctified (1961)
  • Goodnight, It's Time to Go (1961)
  • On With It (1961)
  • Steppin' Out (1961)
  • Brother Jack Meets The Boss (1962)
  • Plays for Beautiful People (1963)
  • Brother Jack Live! at the Jazz Workshop (1963)
  • Best of Brother Jack McDuff Live (1963)
  • Crash (1963) With Kenny Burrell
  • Something Slick (1963)
  • Live It Up (1966)
  • Soul Circle (1967)
  • The Fourth Dimension (1974)

Compost

  • Compost (1972)
  • Life Is Round (1973)

Grant Green

  • His Majesty King Funk (1965)
  • The Final Comedown (1971)

John Patton

  • Along Came John (1963)
  • Oh Baby! (1965)

Duke Pearson

  • Prairie Dog (1966)

Horace Silver

  • Total Response (1971)
  • All (1972)
  • The United States of Mind (Compiles both above albums - released 2004)

McCoy Tyner

  • Cosmos (1969)

Bu Pleasant

  • Ms. Bu (1973)

Shirley Scott

  • One For Me (1974)

Johnny Hammond

  • Wild Horses Rock Steady (1971)
  • Gambler's Life (1974)

リファレンス (参考)[編集]

  1. ^ “Harold E. Vick, 51, A Tenor Saxophonist”. The New York Times. (1987年11月17日). http://www.nytimes.com/1987/11/17/obituaries/harold-e-vick-51-a-tenor-saxophonist.html?pagewanted=1 2010年5月4日閲覧。 
  2. ^ Kelsey, Chris. “Harold Vick Biography”. Allmusic. 2012年7月16日閲覧。


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます