ジョン・パットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・パットン
(John Patton)
出生名 ジョン・パットン
(John Patton)
別名 ビッグ・ジョン・パットン
(Big John Patton)
生誕 1935年7月12日
アメリカ合衆国の旗 ミズーリ州カンザスシティ
死没 2002年3月19日(2002-03-19)(66歳)
アメリカ合衆国の旗 ニュージャージー州モントクレア
ジャンル ジャズ
ビバップハードバップアヴァンギャルド
職業 バンドリーダー
サイドマン
作曲家
担当楽器 キーボードハモンドオルガン
活動期間 1954-2007
レーベル ブルー・ノート
スティープルチェイス・レコード
ソウルノート
パルメット

ビッグ・ジョン・パットンBig John Patton)ことジョン・パットンJohn Patton, 1935年7月12日 ミズーリ州 カンサスシティ2002年3月19日 ニュージャージー州モントクレア)は、ハード・バップおよびソウルジャズのジャンルで活躍したアメリカ合衆国オルガニスト

略歴[編集]

ロイド・プライス楽団に籍を置いた後、ブルー・ノート・レーベルに積極的に録音を行ない、グラント・グリーンルー・ドナルドソンジョン・ゾーンと共演ないしは録音を行なった。

パットンの作風は、もともと楽曲に持ち込まれた基礎となるアーシーなグルーヴ感を決して失うことなく、モーダル・ジャズフリー・ジャズの要素を取り込んで発展した。古典となった作品をいくつか作曲しており、それらはミュージシャンやジャズ愛好家に進んで覚えられている。主要な楽曲に《ファンキー・ママ(Funky Mama)》や《アロング・ケイム・ジョン(Along Came John)》などがある。1960年代後半には、ハロルド・アレクサンダージョージ・コールマンを共演者に迎えて、ブルーノート・レコードに『アンダースタンディング(Understanding)』や『アクセント・オン・ザ・ブルース(Accent on the Blues)』といったLPを録音し、いくつかの非常に実験的な楽曲を収録した。ジョージ・ブレイスドン・ウィルカーソンルー・ドナルドソンとの共演によってブルーノートに録音された初期の音源の中でも特に注目すべきは、パットンが、ギタリストのグラント・グリーンやドラマーのベン・ディクソンとこの上ない共感で結ばれたことである。ソウル・ジャズの分野において、この三者を凌駕するオルガン・トリオは依然として現れてはいない。

当時のブルーノート・レコードの音楽に対する関心が再浮上してから、保管庫に収蔵されていた多くのセッションが放出されてきた。発売が実際に検討されながらも決して実現されなかった『ブルー・ジョン(Blue John)』のようなLPや、2つの幻想的(かつ進歩的)なアルバム『ブーガルー(Boogaloo)』と『メンフィス・トゥ・ニューヨーク・スピリット(Memphis to New York Spirit)』がようやく日の光を見て、この並外れた芸術家の至芸を明らかにしたのであった。

パットンは1990年代後半まで録音を続けており、そのアルバムは探し出すだけの値打ちがある。晩年には日本ヨーロッパで熱心な支持者が育っており、それらの地域で演奏旅行を行い大評判となった。アメリカ内外で激賞されたライブ演奏は、蒐集家によって録音されている。ごく最近では、ジョージ・ブレイスが自身のレーベルから『イーグル・アイ・ブルース(Eagle Eye Blues)』を頒布した。

外部リンク[編集]

音源[編集]