ハキダメギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハキダメギク
ハキダメギク(たぶん)
ハキダメギクの花と葉
(2005年9月10日、東京都多摩市
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類II Euasterids II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: メナモミ連 Millerieae
: コゴメギク属 Galinsoga
: ハキダメギク G. quadriradiata
学名
Galinsoga quadriradiata
Ruiz et Pav.[1]
シノニム
  • Galinsoga ciliata (Raf.) S.F.Blake
英名
shaggy soldier、hairy galinsoga

ハキダメギク(掃溜菊、学名: Galinsoga quadriradiata)は、キク科コゴメギク属一年生植物道ばたなどに生える雑草牧野富太郎世田谷の掃き溜めで発見したのでこの名前がついた。

形態・生態[編集]

は分岐を繰り返し、高さ20 - 60cm程度になる。草全体が柔らかい草質をしている[2]。枝葉ともに白い毛が生える[2]

対生し、卵形。縁は浅い鋸歯を持つ[3]。大型の葉は柄を有し、暗緑色で厚みは薄く、3行脈状にみえる[2]。葉の表面と裏面共に毛が多い[3]

からの6 - 11月にかけて、頂部に小さなを咲かせたあと、急に葉腋から岐散状に盛んに分枝を繰り返し、各枝の先に小さな頭花をつける[2]。頭花は直径5mm程度。5枚前後の先端が3中裂する短い白色の舌状花があり、および多数の黄色の筒状花からなる[2]。舌状花も筒状花も同形の冠毛をもっており、冠毛の縁が毛のように裂けて、先端がするどく尖っている[2]

果実痩果(そうか)で、黒く熟する[3]。鱗片状の冠毛で風に乗って種子が散布される[3]

コゴメギク英語版によく似ていてしばしば混同されている[4]が、舌状花に冠毛があること、筒状花の冠毛の先が細くなり両側の毛が長くならない点で区別できる[5]

分布[編集]

熱帯アメリカ原産。南アメリカヨーロッパアフリカアジア日本を含む)に移入分布する[5]。日本では明治時代の初期に渡来したといわれ[3]、1920 - 1930年代に報告され始めた。現在では全国に帰化植物として定着しており[5]、都会地の道端や空き地などに広がりつつある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Galinsoga quadriradiata Ruiz et Pav.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 内藤俊彦 1995.
  3. ^ a b c d e f 山田孝彦 & 山津京子 2013.
  4. ^ 日本帰化植物写真図鑑』 363頁。
  5. ^ a b c 国立環境研究所. “ハキダメギク”. 侵入生物データベース ―外来種/移入種/帰化動植物情報のポータルサイト―. 2013年10月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]