ノート:石川郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

改名提案[編集]

石川郡への改名を提案します。現在、石川郡は曖昧さ回避ページとなっていますが、曖昧さ回避の対象である石川郡 (石川県)石川郡 (大阪府)は消滅しており、唯一現存する福島県郡は平成の大合併後も5自治体が存在し、消滅の可能性が低いためです。消滅した2郡は{{Otheruses}}での誘導で十分です。1週間経過後も反対意見がなければ、石川郡 (福島県)をリダイレクトとして残さずに移動を実行するため、石川郡の削除依頼を出します。--検見川町会話) 2014年2月8日 (土) 15:38 (UTC)

  • (反対寄り)石川郡 (大阪府)のように明治時代に消滅したものであればまだしも、石川郡 (石川県)は消滅から2年少々しか経っていません。--KAMUI会話) 2014年2月9日 (日) 08:29 (UTC)
    • 消滅や廃止から何年経っているかを基準にすると記事ごとの議論が必要になるため、町村記事のように機械的に行うべきと考えます。石川県郡は2005年以来、市制目前の野々市町1町を残すのみで、石川県郡について調べる人がどれだけいるのか、という状況でした。--検見川町会話) 2014年2月9日 (日) 13:55 (UTC)

以下の同様のケースについても改名提案をしましたので、ご意見をお待ちしております。--検見川町会話) 2014年2月9日 (日) 13:55 (UTC)

(反対)わざわざ現状の「曖昧さ回避」を崩す必要性を見出せません。「石川郡」と検索をかけた時に現存・消滅を問わず同名の郡を一覧の形で見ることが出来る現状の「曖昧さ回避」形態のほうが便利であり、「Otherusesによる誘導方式で十分」とは考え難く、無用の編集と存じます。上記の川上郡など10郡についても同様です。--220.211.2.177 2014年2月11日 (火) 15:07 (UTC)

市町村記事はすべてそのようになっています(例:竜王町。山梨県村は平成まで存在)。たとえば全国各地に存在した東村は、唯一現存する沖縄県村の記事となり、その他は曖昧さ回避ページに誘導されています。また、現状ではすべての読者がリンクを2回経ないと記事にたどり着けませんが、現行の郡を主なトピックとすれば、大部分の現行の郡について調べる読者はすぐに記事を見られます。長い期間の合意形成を経て形成された法則ですので、郡記事に関してもそれに準じるのが妥当と思われます。--検見川町会話) 2014年2月12日 (水) 06:07 (UTC)
その後、異論が出なかったため、移動依頼に出しました。河内郡 (曖昧さ回避)大野郡 (曖昧さ回避)には私が移動しました。--検見川町会話) 2014年2月16日 (日) 04:42 (UTC)

神崎郡 (兵庫県)については過去一度に改名提案があったが、却下されたみたいです。それを神崎郡にリダイレクトして大丈夫ですか。--そらみみ会話) 2014年5月4日 (日) 18:40 (UTC)

すみません。神崎郡 (滋賀県)が消滅していたことを忘れていました。却下ではなく議論停止のようですので、本ページでの合意を元に移動依頼を出します。--検見川町会話) 2014年5月7日 (水) 01:13 (UTC)
神崎郡の削除依頼で十分な議論なく存続が決定したため、再度削除依頼を出しました。--検見川町会話) 2014年5月22日 (木) 06:05 (UTC)
報告 曖昧さ回避ページの神崎郡が削除され、神崎郡 (兵庫県)が跡地に移動しました。--検見川町会話) 2014年11月10日 (月) 07:52 (UTC)