ニース風サラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニース風サラダ
Nizza-Salat an der F Mittelmeerküste.JPG
ニース風サラダ
別名 サラダ・ニソワーズ
フルコース アントレ
発祥地 フランスの旗 フランス
地域 ニース
提供時温度 冷製
主な材料
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

ニース風サラダフランス語: salade niçoise)は、フランスニースの名物料理、郷土料理であるサラダ料理[1][2]サラダ・ニソワーズとも呼ばれる[2]。ニース風サラダをパンに挟んだサンドイッチパン=バニャ英語版と呼ばれる[3]

シンプルなニース風サタダ

リビエラにニース風サラダ保存会「ラ・カペリーナ・ドル(: Cercle de la Capelina d'Or)」がある[1][3]。保存会によると、本来のニース風サラダはトマトアンチョビオリーブオイルだけのシンプルなものであったが、時代を経るにつれアレンジされていったものである[1][3]。保存会による定義では前述の食材に加え、固ゆで卵ツナワケギ、黒オリーブバジルの使用が認められている[1][3]。さらに旬のものであれば、ソラマメアーティチョークなどを加えるのは容認される[1][3]

保存会が認めている正しい作り方は以下の通り[1][3]

  1. サラダボウルの内側にニンニクをこすりつける。
  2. 材料をサラダボウルに入れる。
  3. オリーブオイルと塩のみで味つけをする。胡椒、ビネガーは加えないほうが望ましいが、加えても良い。

現在、ニース風サラダと呼ばれる料理には、上述の食材に加えてサヤインゲンとゆでたジャガイモが用いられることが多い[1][3]。サヤインゲンとジャガイモを加えるレシピの考案者はオーギュスト・エスコフィエだとされる[3]

上述の保存会はサヤインゲンとジャガイモを加えるレシピには否定的である[3]。他方、食の原理主義に通じるため、レシピの固定化に反対する向きもある[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 土田美登世 (2020年8月15日). “ニース風サラダの厳格な決まり”. dancyu. 2022年5月3日閲覧。
  2. ^ a b 辻仁成 (2021年10月10日). “辻 仁成の"パリ・サラダ"|第二回"サラダ・ニソワーズ"”. dancyu. 2022年5月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j Catherine Marciano (2012年9月15日). “正統派の「ニース風サラダ」を守れ、仏リビエラの伝統保存グループ”. AFPBB. 2022年5月3日閲覧。