ニック・ホアキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニック・ホアキン(Nicomedes Márquez Joaquín1917年5月4日 - 2004年4月29日)は、フィリピン小説家ジャーナリストである。

経歴・人物[編集]

フィリピンマニラのパコ地区生まれ。父親は英語スペイン語教諭、後に弁護士であり、書斎には書物が豊富であった。幼少より母親に物語を読み聞かされて育ち、やがて父親の書斎や国立図書館に入りびたった。高校中退後、国立図書館で勉学に励むかたわら、マニラで港湾労働をし数々の臨時の仕事をこなした。その後『フリー・プレス』誌の校正の仕事を得、17歳の時に同社から、キハノ・デ・マニラペンネーム短編小説ルポ英語で発表。その後ニック・ホアキンの名を主に用いながら、英語スペイン語[1]短編/長編小説戯曲随筆ルポ児童文学など生涯に60以上の著作を上梓した。諸作品を通じて、スペイン統治時代とその文化への憧憬を描いた[1]。彼は聖トマス大学から芸術(AA)の名誉会員として迎えられている。

1962年には小説『二つのヘソを持った女』で「ハリー・ストーンヒル文学賞」を受賞。1963年には「アーラウ・ナン・マイニーラ賞」を受けたほか、1976年には国民芸術家(ナショナル・アーティスト)となった。1996年にはアジアの卓越した作家に送られる「ラモン・マグサイサイ賞」を文学放送ジャーナリズムの分野で受賞する。そのほか『フィリピン・グラフィック』誌の編集長のほか、『ウィメンズ・ウィークリー』誌の発行人も務める[2]。2004年4月29日サンフアンにて没。

著作[編集]

  • May Day Eve (1947)
  • Prose and Poems (1952)
  • The Woman Who had Two Navels (1961)
  • La Naval de Manila and Other Essays (1964)
  • A Portrait of the Artist as Filipino (1966)
  • Tropical Gothic (1972)
  • A Question of Heroes (1977)
  • Jeseph Estrada and Other Sketches (1977)
  • Nora Aunor & Other Profiles (1977)
  • Ronnie Poe & Other Silhouettes (1977)
  • Reportage on Lovers (1977)
  • Reportage on Crime (1977)
  • Amalia Fuentes & Other Etchings (1977)
  • Gloria Diaz & Other Delineations (1977)
  • Doveglion & Other Cameos (1977)
  • Language of the Streets and Other Essays (1977)
  • Manila: Sin City and Other Chronicles (1977)
  • Pop Stories for Groovy Kids (1979)
  • Reportage on the Marcoses (1979)
  • Language of the Street and Other Essays (1980)
  • The Ballad of the Five Battles (1981)
  • Reportage on Politics (1981)
  • Tropical Baroque (1982)
  • The Aquinos of Tarlac: An Essay on History as Three Generations (1983)
  • Almanac for Manileños
  • Cave and Shadows (1983)
  • The Quartet of the Tiger Moon: Scenes from the People Power Apocalypse (1986)
  • Collected Verse (1987)
  • Culture and History: Occasional Notes on the Process of Philippine Becoming (1988)
  • Manila, My Manila: A History for the Young (1990),
  • The D.M. Guevara Story (1993),
  • Mr. F.E.U., the Culture Hero That Was Nicanor Reyes (1995).
  • Rizal in Saga (1996)
  • ABE: A Frank Sketch of E. Aguilar Cruz (2004)

日本語訳作品[編集]

  • 『アキノ家三代 <上>』(鈴木静夫/訳、井村文化事業社/東南アジアブックス、1986年1月)
  • 『アキノ家三代 <下>』(同上) - The Aquinos of Tarlac: An Essay on History as Three Generations (1983)の完訳
  • 『二つのヘソを持った女』(山本まつよ/訳、めこん/アジアの現代文学、1988年3月) - The Woman Who had Two Navels (1961)の完訳
  • 『物語マニラの歴史』(宮本靖介/監訳、明石書店、2005年12月) - Manila, My Manila: A History for the Young (1990)の完訳

脚注[編集]

  1. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典「ニック・ホアキン」
  2. ^ 『物語マニラの歴史』(宮本靖介/監訳、明石書店、2005年12月)著者経歴より

外部リンク[編集]