ニコライ・ヴィノグラードフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコライ・ヴィノグラードフ
Николай Владимирович Виноградов
Nikolai Vinogradov.jpg
ニコライ・ヴィノグラードフ(2008年10月14日撮影)
生年月日 (1947-04-08) 1947年4月8日(72歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ウラジーミル
出身校 モスクワ土木技術大学、ソ連共産党中央委付属社会科学アカデミー
前職 技師、共産党官僚
現職 ウラジーミル州知事
所属政党ソ連共産党 →)
ロシア連邦共産党

在任期間 2000年 - 2013年3月24日

ロシアの旗 ロシア連邦議会上院連邦会議議員
在任期間 2000年 - 2001年

Flag of Vladimirskaya Oblast.svg ウラジーミル州行政長官
在任期間 1996年12月8日 - 2000年
テンプレートを表示

ニコライ・ウラージミロヴィチ・ヴィノグラードフロシア語: Николай Владимирович Виноградов, ラテン文字転写: Nikolai Vladimirovich Vinogradov, 1947年4月8日 - )は、ソビエト連邦およびロシア技師、共産党官僚、政治家

1997年からウラジーミル州行政長官。2000年から2013年まで知事を務めた。

略歴[編集]

1973年モスクワ土木技術大学を卒業する。大学卒業後、ウラジーミル州ZHBKに勤務し、後に主任技師になる。1973年ソ連共産党に入党している。1977年建設トラスト「ウラジーミルストロイストラクツィヤ」の党書記をはじめウラジーミル州党委専従。1985年ウラジーミル市党第二書記。1987年コルチュギンスコゴ市党第一書記となり、同年ソ連共産党中央委員に選出される。1989年ウラジーミル州第二書記。ソ連共産党中央委付属社会科学アカデミーを修了。

ソ連崩壊後、1991年「ウラジーミロプトログ」社副支配人。1994年から1996年ウラジーミル州議会議長。1993年から1995年までロシア連邦共産党党員。1996年12月8日ウラジーミル州行政長官に選出される。2000年に改めて行われた知事選挙で66パーセントの票を得て当選する。同時にロシア連邦議会上院連邦会議議員となり、上院では予算、財政政策、金融、通貨および関税委員会に所属した。翌2001年上院議員を辞任。2005年2月18日ウラジーミル州知事選挙で再選。

家族[編集]

私生活では、夫人との間に二女あり。

外部リンク[編集]

先代:
ユーリ・ヴラソフ
ウラジーミル州知事
2000年 - 2013年
次代:
スヴェトラーナ・オルロワ