ナトゥラ峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナトゥラ峠
Nathu La-Stairs.JPG
ナトゥラ峠のインド側
チベット語
チベット文字: རྣ་ཐོས་ལ་
ワイリー方式: rna thos la
蔵文ピン音: Natola
その他の表記: नाथू ला (ヒンディー語
英文表記: Nathu La
中国語
繁体字: 乃堆拉山口
簡体字: 乃堆拉山口
ピン音: Nǎiduīlā Shānkǒu
人民解放軍の士官と握手をするゴピナ・ムツカド英語版

ナトゥラ峠(ナトゥラとうげ)はインドシッキムチベットを結ぶである。ナトゥラ峠の海抜は4545mで、チベットのラサ市から460kmドモ県から52km、インドのコルカタからは約550km、ガントクから54km、最寄りの鉄道駅のあるシリグリからは184kmの位置にある。

ナトゥラ峠はシルクロードの南ルートの一部であったが、中印国境紛争により1962年から閉じられていた。その後、2006年7月から通行が可能となり、毎年4月から10月の間のみ通行が可能となっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯27度23分12.1秒 東経88度49分52.8秒 / 北緯27.386694度 東経88.831333度 / 27.386694; 88.831333