ナゴルノ・カラバフ国防軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラチン回廊を巡回中の、第8歩兵連隊の兵(1992年8月撮影)
カラシニコフを装備する兵
アゼルバイジャンとナゴルノ・カラバフの国境付近を訪問するアルメニア大統領セルジ・サルキシャンと、周囲に整列するナゴルノ・カラバフ兵
訓練を行うナゴルノ・カラバフの兵(2004年撮影)

ナゴルノ・カラバフ国防軍(ナゴルノ・カラバフこくぼうぐん)は、国際的に未承認のナゴルノ・カラバフ共和国の国軍。兵力は、約2万人(内、ナゴルノ・カラバフ出身者は、8,500人)で、予備役3万人の動員能力を有する。国防費は、GNPの約20%に達する。

ナゴルノ・カラバフ国防軍は、ナゴルノ・カラバフ戦争時に出現した各種自警団に基づき編成された。アルメニア共和国軍と高度に統合されており、両国軍間での人事異動も行われている。

組織[編集]

ナゴルノ・カラバフ国防軍は、陸軍、空軍及び防空軍の三軍種から成る。

陸軍[編集]

総員約1万6千人で、8~12個連隊に組織される。各連隊は、各強化地区(要塞地区)を担当する。

  • 戦車(3種) ×177~316
  • 装甲戦闘車両 ×256~324
  • 火砲 x291~322(BM-21 ×26~44を含む)
  • 対戦車火器 ×72

各連隊は、国内の制高点を押さえつつ、ムラフ高地からアラクスに至るまで縦深防御網を構築している。この防御網は、数十kmに渡る地雷原地帯「オガニャン・ライン」を含む。

空軍[編集]

総員250人以下。主要基地は、ステパナケルトの「ホジャルィ」空港で、アグラムとカパン飛行場も使用可能である。ゴリス郊外には、ヘリ離着場が存在する。

防空部隊は、ステパナケルト地区に配置された高射ミサイル連隊に編成され、アルメニア空軍の防空システムに編入されている。

  • 高射ミサイル複合体S-125
  • 高射ミサイル複合体「クルーグ」 ×4
  • 戦闘車「オサ-AK」 ×8
  • ZSU-23-4 ×4

2007年末、S-300PT ×1基が展開した。

防空軍[編集]

徴兵制度[編集]

召集期間は、2年間。

教育制度[編集]

将校の教育は、国内で行われる外、エレバン軍事大学とロシアの軍事教育施設で行われる。

階級[編集]

  • 大将
  • 中将
  • 少将
  • 大佐
  • 中佐
  • 少佐
  • 大尉
  • 上級中尉
  • 中尉
  • 少尉
  • 上級准尉
  • 准尉
  • 曹長
  • 上等軍曹
  • 軍曹
  • 伍長
  • 上等兵
  • 兵士

関連項目[編集]

外部リンク[編集]