ドロセア・オレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドロセア・オレムDorothea E. Orem1914年 - 2007年6月22日)は、セルフケア不足看護理論の開発者として知られるアメリカ合衆国看護師メリーランド州ボルチモアで生まれた。

ワシントンD.C.プロヴィデンス病院付属看護学校で看護を学び、1930年代初頭に看護婦資格を得た。さらに教育を受け、1939年アメリカ・カトリック大学で看護学士号を取得し、1945年に同大学で看護教育の修士号を取得した。1976年には、ジョージタウン大学理学博士の名誉学位を取得している。

195860年にかけて、合衆国保健教育福祉省(HEW)でカリキュラムのコンサルタントとして、実務看護婦訓練を向上させるプロジェクトに携わっていた。この頃から、「看護の中心的問題とは何か」という問いの追究に駆り立てられるようになり、これが“オレムの看護論”を生み出すベースになっている。

2007年6月22日ジョージア州の自宅で逝去した[1]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dorothea E. Orem passed away

関連項目[編集]