看護大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

看護大学(かんごだいがく)は、4年制看護教育を行っている大学の通称である。 看護学部看護学科のみの単科大学から総合大学医学部保健学科、医学部看護学科など看護教育を行っている4年制大学にはさまざまな形態があるため、看護系大学などと称されることもある。

概要[編集]

日本赤十字看護大学のように、看護師等養成課程のみを有し「看護大学」のが大学の名称に含まれている単科大学だけでなく、総合大学もしくは医科大学において、看護学科・保健学科看護学専攻を設置しているものについても看護大学と通称される。

これまで全ての看護大学で看護師・保健師統合プログラムが採用され、卒業時に看護師保健師の国家試験受験資格が得られたが、近年、大学の増加に伴う保健師の養成過多を背景に、保健師養成課程を選択制としている大学が増え、看護師国家試験受験資格のみを得て卒業する学生の割合が増えてきている。助産師についても、学生が在学中に所定の科目(実習を含む)を選択することで、受験資格が得られる(通常、定員の1割程度)大学もあるが、こちらも教育内容の充実などを背景に学部卒業後の助産学専攻科や大学院などに養成が移行しつつある。なお、法律上、男性はこれらの養成課程を修了しても助産師になることできない。

なお、厚生労働省所管の国立看護大学校は、学校教育法に定める大学ではないため、看護大学には当たらない。国立看護大学校は看護大学と同じ機能を有するが、卒業時に保健師国家試験の受験資格が得られない点、「学士 (看護学)」の学位は単に卒業しただけでは取得できず、大学改革支援・学位授与機構への申請により得られる点が異なっている。

看護師不足、受験生の多い希望、看護教育の高度化などから、多くの大学において看護学科の設置が相次いでいる。短期大学からの昇格および新規設置がともにある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]