トミー・ヒルフィガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トミー・ヒルフィガー
Tommy Hilfiger
Tommy Hilfiger portrait 2009 - Tommy Hilfiger (cropped).jpg
ヒルフィガー(2009年)
生誕 (1951-03-24) 1951年3月24日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州シェマング郡エルマイラ
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業ファッションデザイナー
著名な実績トミーヒルフィガーの創業
配偶者スーザン・シロナ(1980年 - 2000年)
ディー・オクレッポ英語版(2008年結婚)

トーマス・ジェイコブ・ヒルフィガーThomas Jacob Hilfiger1951年3月24日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のファッションデザイナーであり、トミー・ヒルフィガーTommy Hilfiger)として知られる人物である。高級衣料品を中心としたファッションブランドである「トミーヒルフィガー」の創業者であり[注釈 1]、1985年の創業以来、長年に渡り同社のチーフデザイナー(プリンシパルデザイナー)を務めている。

概要[編集]

ヒルフィガーはアメリカ合衆国を代表するファッションデザイナーの一人とされ[W 1][W 2]、「トミーヒルフィガー」ブランドも同国を代表するファッションブランドのひとつとみなされている[W 3]

ヒルフィガーは1970年代に地元でファッション事業を起こし、デザインについては独学で学んだ[W 4]。1980年代にプレッピー路線のメンズウェアとして、自身の名を冠した「トミーヒルフィガー」ブランドを立ち上げ、ほどなく、同名の会社を起業した[W 5]

同社は男性向けの高級衣料品分野で成功し、後に婦人服や香水など、さまざまな分野に商品を拡大していった[W 5]。ヒルフィガーは1989年にトミーヒルフィガー社を売却し、同社は2010年にPVH社英語版の傘下企業となる[W 6][W 7]。ヒルフィガーは会社の売却後もトミーヒルフィガーに留まり、同社のプリンシパルデザイナー(Principal Designer)として活躍を続けている[W 5]

略歴[編集]

1969年にエルマイラ・フリーアカデミー高校英語版を卒業した。両親はヒルフィガーが大学に進学することを望んでいたが、ヒルフィガーは高校時代に起こした自らのビジネスを追求する道を選び[W 8]、そのかたわら、エルマイラにあるGST協同教育サービス理事会に通った。

初期のキャリア[編集]

デザインは今までしてきたどんなことよりも私を幸せにしました。デザインが私の人生になるだろうということを私はキャリアの初めの頃から知っていました。[1]

—トミー・ヒルフィガー

高校時代の1969年に衣料品を販売する商売を始め[W 8]、1971年に150ドルを開店資金として自身の衣料品店「ピープルズ・プレイス」(People's Place)をエルマイラで開業した[W 9]。ヒルフィガーは同店の衣料品はニューヨーク市で買い付け[W 5]ベルボトムブラウス革ジャケットなどを売っていたが、これらのデザインに不満を持ったことから、自らデザインをスケッチするようになり、独学でファッションデザインの経験を積んでいくことになる[W 10][W 11]

ピープルズ・プレイスはチェーン展開に成功し、7店舗にまでその店舗数を増やしたが、1977年、ヒルフィガーが25歳の時に破産した[W 10][W 8]。これはヒルフィガーが商売の仕組みをよく理解していなかったという事情によるもので、ヒルフィガーにとってはその後の教訓となる[W 8][W 12]

デザイナーとしての道に情熱を見出したヒルフィガーは更なるキャリアを積むため、1979年にニューヨーク市に移り住んだ[W 5]。そこでいくつかの異なるブランドのために働いた後、1979年に「トミーヒル」という名の会社を設立した。同社はジーンズを主に扱っていたジョルダッシュ英語版をクライアントのひとつとするようになり、ヒルフィガーはデニムの取扱量が拡大した。その買い付けのためもあって、1979年にインドを旅行し、この旅はヒルフィガーにインスピレーションをもたらした[W 12]

トミーヒルフィガー創業[編集]

1984年、メンズウェアの展開を考えていたインドの実業家モーハン・マジャーニ英語版からの依頼で、男性向けスポーツウェア英語版のデザインを手がけることになった[W 5][注釈 2]。この際、マジャーニの支援を得て、自身のブランド「トミーヒルフィガー」を創設し、1985年には同名のトミーヒルフィガー社(Tommy Hilfiger Corporation)を創業した[W 5]

1989年、経済的な問題を抱えたムルジャニに代わって、新たに香港の実業家であるサイラス・チョウ英語版からの財政的支援を得た[W 13]。この頃になるとヒルフィガーは自分が会社経営そのものには興味がないことに気付いていたため[W 8]、チョウと彼のパートナーでラルフ・ローレン社英語版の元幹部であるローレンス・ストロールに会社を売却し、チョウとストロールによって新会社トミーヒルフィガー社(Tommy Hilfiger, Inc.)が設立された[W 13][注釈 3]。これにより、経営は以前から任せていたジョエル・ホロヴィッツ(Joel Horowitz)が担い、マーケティングはストロール、調達はチョウがそれぞれ支えるという分担が生まれ、ヒルフィガー自身はファッションデザインに専念できる体制となった[W 14]

(自分の名を冠したブランドを作りたいという思いは)まだそこにない何かを作りたいという思いから生まれました。私は当時のファッション市場にどういった製品があるのかをよく知っていましたし、それらとは異なる物を提供したかったんです。私の内面にある少年が、ということになるかもしれませんが、私立学校(プレップスクール)の制服であるとか、アイビー・リーグの伝統的な服装、それと船乗りジョックの服装といったものが大好きだったんです。それらのおなじみのデザインを取り入れた上で、もっとゆったりした感じにして、かつモダンでクールな服を作りたいと考えていました。(1985年のトミーヒルフィガー社の創業により)ようやく、自分で自然かつ良いと感じられる仕事をできるようになったわけです。私たちが作り上げてるブランドは私がどういう人間であるかということについてとても正直かつ忠実に語っているもので、それを生み出すことに苦労は全く感じません。[1] — トミー・ヒルフィガー

トミーヒルフィガー社の発展[編集]

ヒルフィガー(2010年)

1989年以降、売り上げの規模は毎年倍増し[W 8]、1992年にはトミーヒルフィガー社は株式公開を果たした[W 13]。1996年に同社は女性向け製品もラインナップに加えることとなる[W 13]

デザイナーとしてのヒルフィガーの名声も高まり、1995年にはアメリカ・ファッションデザイナー評議会英語版(CFDA)からメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを授与された[W 5]

トミーヒルフィガー社の規模は拡大を続け、2004年の時点で年間売上はおよそ18億ドルとなり、5,400人もの従業員を抱えるまでになる[W 9]

2006年にトミーヒルフィガー社はエイパックス・パートナーズ英語版に買収され[W 6][W 7]、次いで、エイパックス社は2010年にトミーヒルフィガー社をPVC社に売却した[W 6][W 7]。ヒルフィガーはその後もトミーヒルフィガー社にプリンシパルデザイナーとして留まり、2021年の今日に至るまでデザインチームを率い続けている[W 5]

デザインの特徴[編集]

初期のデザインは1960年代のカウンターカルチャーに基づいたものだったが、1980年代以降はクラシックなアメリカのニューイングランドスタイルに基づいたものへと変化していった。ヒルフィガーが確立させたこのデザインコンセプトをトミーヒルフィガー社は「クラシック アメリカン クール」と呼んでおり、東海岸のクラシックなスタイルと西海岸のひねりの利いたデザインを融合させたものだとしている[W 5][W 11]

ヒルフィガーがデザインした服は、スタイリッシュでありながら、日常的に着やすく、快適で着回しもしやすいという様々な目的にかなうものだった。これにより、「トミーヒルフィガー」ブランドはラルフ・ローレン英語版カルバン・クライン英語版ノーティカDKNYダナ・キャランといった他の高級衣料品ブランドと並び、1990年代のスポーツウェア英語版の中で最も有名なブランドのひとつとなった[2]

「トミーヒルフィガー」は元々はプレッピー路線(名門私立高校スタイル[W 10])のファンションブランドだが、1990年代には音楽産業との結びつきによりヒップホップ系ファッションの要素も取り入れていった[W 15]

ヒルフィガーはカジュアルなブランドを手がける一方で、オートクチュールの依頼を受けることもある。また、音楽業界との結びつきから、ブリトニー・スピアーズらのステージ衣装も手掛けた。

人物[編集]

ヒルフィガーはそのキャリアを通して、「F.A.M.E.」すなわち、ファッション(Fashion)、芸術(Art)、音楽(Music)、エンターテインメント(Entertainment)の分野からインスピレーションを得ている[W 5]。そうした嗜好は、1990年代のトミーヒルフィガー社が音楽(M)やエンターテインメント(E)の分野とつながっていったことの要因ともなっている[W 5]。ファッションと著名人をブレンドさせる試みは当時としては新鮮なものであり、ヒルフィガーは自身の生み出したファッションをポップカルチャーを用いて印象的に宣伝した[W 5]

芸術(A)について、ヒルフィガーはアンディ・ウォーホルのファンであり、その作品のいくつかを所有している[W 16]。もし夢のディナーに誰かを招待できるとしたらと聞かれて、ヒルフィガーはジョン・F・ケネディジャクリーン夫妻、ミック・ジャガーの名とともに、ウォーホルの名を挙げている[W 16]

慈善活動[編集]

1990年代以降、慈善活動に積極的に取り組んでいる[W 17]。 自身が設立したトミー・フィルガー・コーポレート・ファウンデーション(1995年設立)やトミーヒルフィガー社のTommyCaresを通して、セーブ・ザ・チルドレン世界自然保護基金をはじめ、様々な活動を支援している[W 17][W 9]。自身の子が自閉症であることから、自閉症治療の調査研究を行うオーティズム・スピークス英語版の支援も行っている[W 17][W 9]

後進の発掘[編集]

次世代のファッションデザイナーを発掘する活動にも熱心に協力しており、CFDA/VOGUEファッション・ファンドが主催した「Americans in France」キャンペーンを5期にわたって後援した[W 9]。この取り組みの中で、サイモン・スパー英語版ピーター・ソム英語版アルバトス・スワンポエル英語版ジョージ・エスキベル英語版といった若手デザイナーたちとコラボレーションを行った[W 9]

家族[編集]

1953年3月24日、ニューヨーク州エルマイラにて、時計職人でドイツ系スイス人移民の父リチャードと、アイルランド移民の子孫である母バージニアの間に生まれた。リチャードとバージニアの間には9子あり、ヒルフィガーはその第2子だった[W 4]

1976年、ヒルフィガーはピープルズ・プレイスのイサカ店の従業員だったスーザン・シロナ(Susan Cirona)と出会い、1980年に結婚し、2000年に離婚した[W 18]。スーザンとの間には4子(息子1人、娘3人)をもうけた[W 19][W 18]

2008年にディー・オクレッポ英語版と再婚し[W 9][W 18]、ディーとの間に1子(男子)をもうけた[W 19][W 18]

ディーの連れ子を含め、ヒルフィガーには7人の子供がいる[W 19][W 8]。最初の妻との間の1子と、ディーの連れ子である1子は自閉症スペクトラムを抱え[W 19][W 20]、これはヒルフィガーが自閉症についての慈善活動に取り組むことや[W 9]、トミーヒルフィガー社が障碍者のニーズに対応した「トミーヒルフィガー・アダプティブ」というコレクションを設けることに影響を及ぼした[W 21][W 20]

栄典・受賞[編集]

出演[編集]

公開年 出演作・出演番組 メディア 製作
1994 そりゃないぜ!? フレイジャー
Frasier
シットコム NBC ロバート役(シーズン1・23話。声のみのゲスト出演)[W 22]
2001 ズーランダー
Zoolander
映画 VH1フィルムズ 本人役(カメオ出演)
2005 The Cut英語版 リアリティ番組 CBS 主審
2008 Tommy Hilfiger Presents Ironic Iconic America ドキュメンタリー映画 Rizzoli英語版 共同司会
2009 プロジェクト・ランウェイ
Project Runway
リアリティ番組 Lifetime ゲスト審判(シーズン6・エピソード5)
2012 プロジェクト・ランウェイ:オールスターズ
Project Runway: All Stars
リアリティ番組 Lifetime ゲスト審判(エピソード12)
2012 アメリカン・アイドル (シーズン11)
American Idol
リアリティ番組 フォックス放送 ファッションコンサルタント
2016 ズーランダー NO.2
Zoolander 2
映画 Red Hour Productions 本人役(カメオ出演)
2020 ネクスト・イン・ファッション英語版
Next In Fashion
リアリティ番組 Netflix ゲスト審判

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「Tommy Hilfiger」の日本語表記について、この記事で扱う人物の名前は「トミー・ヒルフィガー」、会社やブランドの名称は中黒(・)を用いず「トミーヒルフィガー」(もしくは「トミー ヒルフィガー」)とする書き分けが一般的にされており、この記事でもそれに倣う。
  2. ^ この場合の「スポーツウェア」とはファッションジャンルとしてのものを指し、「スポーツに用いる服」という意味ではない。
  3. ^ その後もヒルフィガーは22.5%の株式を保有したが、会社の支配権は放棄した[W 8]

出典[編集]

書籍
ウェブサイト
  1. ^ Liam Freeman, Julia Hobbs (2020年5月6日). “デザイナーの人生を変えた映画・文学・音楽 Vol.5” (日本語). Vogue Japan. 2021年6月28日閲覧。
  2. ^ トミーヒルフィガー、ジジ・ハディッドのグローバル・ブランド・アンバサダー就任を発表” (日本語). ビジネスワイヤ (2015年12月18日). 2021年6月28日閲覧。
  3. ^ Winsome Li (2021年4月7日). “トミーヒルフィガー×ラルディーニ! “ニューノーマル”にふさわしいテーラードコレクション” (日本語). Vogue Japan. 2021年6月28日閲覧。
  4. ^ a b 会社情報” (日本語). トミーヒルフィガー. 2021年6月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Designer Bio” (英語). Tommy Hilfiger (2017年2月). 2021年6月28日閲覧。
  6. ^ a b c Calvin Klein owner buys Tommy Hilfiger” (英語). BBC (2010年3月15日). 2021年6月28日閲覧。
  7. ^ a b c Dhanya Skariachan, Nivedita Bhattacharjee (2010年3月16日). “Phillips-Van Heusen to buy Tommy Hilfiger for $3 billion” (英語). Reuters. 2021年6月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h Elizabeth Paton (2014年9月7日). “Tommy Hilfiger: a name traded for an empire” (英語). Financial Times. 2021年6月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h Tommy Hilfiger” (英語). The Business of Fashion. 2021年6月28日閲覧。
  10. ^ a b c トミー ヒルフィガー / TOMMY HILFIGER” (日本語). Vogue Japan. 2021年6月28日閲覧。
  11. ^ a b Fred Gehring (2015年7月). “Tommy Hilfiger’s Chairman on Going Private to Spark a Turnaround” (英語). Harvard Business Review. 2021年6月28日閲覧。
  12. ^ a b Asmita Aggarwal (2014年10月25日). “Tommy Hilfiger's designs on India” (英語). Business Standard. 2021年6月28日閲覧。
  13. ^ a b c d Tommy Hilfiger Corporation - Company Profile, Information, Business Description, History, Background Information on Tommy Hilfiger Corporation” (英語). Reference for Business. 2021年6月28日閲覧。
  14. ^ Lisa Lockwood (2010年9月10日). “Match Point: Joel Horowitz and Tommy Hilfiger” (英語). WWD. 2021年6月28日閲覧。
  15. ^ Gaby Wilson (2016年3月29日). “Where’s The Throwback Tommy Hilfiger Collection We All Deserve?” (英語). MTV. 2021年6月28日閲覧。
  16. ^ a b Tommy Hilfiger Wants You to Know How Much He Likes Andy Warhol” (英語). BlouinArtInfo.com (2011年12月8日). 2021年6月28日閲覧。
  17. ^ a b c Biography: Tommy Hilfiger” (英語). Tommy Hilfiger. 2021年6月28日閲覧。
  18. ^ a b c d Heidi Parker (2017年9月16日). “The good life! Designer Tommy Hilfiger is seen boarding his yacht in Italy with pretty wife Dee... after Gigi Hadid stunned in his new campaign” (英語). Dailymail.com. 2021年6月28日閲覧。
  19. ^ a b c d Anne-Marie O’Neill (2013年4月20日). “Tommy Hilfiger: Stitching Together a Family” (英語). Parade. 2021年6月28日閲覧。
  20. ^ a b 「トミー ヒルフィガー」障がい者のニーズに対応したコレクションが日本上陸 着脱しやすいデザインに” (日本語). FashionSnap.com (2020年2月3日). 2021年6月28日閲覧。
  21. ^ トミー ヒルフィガー アダプティブ” (日本語). トミーヒルフィガー. 2021年6月28日閲覧。
  22. ^ Anne-Marie O’Neill. “Frasier (TV Series) - Frasier Crane's Day Off (1994) - Tommy Hilfiger: Robert” (英語). Parade. 2021年6月28日閲覧。

著作[編集]

著書[編集]

  • Tommy Hilfiger (1997-10). All-American. Universe Publishing (Rizzoli). ASIN 0789300508. ISBN 978-0789300508 
  • Tommy Hilfiger (2000-01). Rock Style: A Book of Rock, Hip-Hop, Pop, R&B, Punk, Funk and the Fashions That Give Looks to Those Sounds. Universe Publishing (Rizzoli). ASIN 0789303833. ISBN 978-0789303837 
  • Tommy Hilfiger; Anna Kasabian (2003-12). New England Style. Rizzoli. ASIN 0847825833. ISBN 978-0847825837 
  • Tommy Hilfiger (2010-08). Tommy Hilfiger. Assouline Publishing. ASIN 2759403130. ISBN 978-2759403134 
  • Tommy Hilfiger; George Lois (2011-09). Iconic America: A Roller Coaster Ride Through the Eye-Popping Panorama of American Pop Culture. Rizzoli. ASIN 0789324059. ISBN 978-0789324054 
  • Tommy Hilfiger; Peter Knobler (2016-11). American Dreamer: My Life in Fashion & Business. Ballantine Books. ASIN B013NIF92O. ISBN 978-1101886212 

序文の寄稿のみ[編集]

  • Pierre-Henri Verlhac; Tommy Hilfiger (2007-11). Grace Kelly: A Life In Pictures. Pavilion Books. ASIN 1862057761. ISBN 978-1862057760 
  • Sam Haskins; Tommy Hilfiger (2009-09). Fashion Etcetera: Tommy Hilfiger Special Edition. 自費出版. ISBN 978-9111187121 

参考資料[編集]

外部リンク[編集]