トマス・セシル (初代エクセター伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初代エクセター伯爵トマス・セシル
Thomas Cecil, 1st Earl of Exeter
Thomas Cecil, 1st Earl of Exeter from NPG.jpg
エクセター伯爵の肖像画
ナショナル・ポートレート・ギャラリー所蔵)
生年月日 1542年3月5日
没年月日 1623年2月8日 (満80歳没)
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 初代エクセター伯爵ガーター勲章勲章士(KG)
親族 初代バーリー男爵(父)
初代ソールズベリー伯爵(弟)
第2代エクセター伯爵英語版(次男)
リチャード・セシル英語版(三男)
初代ウィンブルドン子爵英語版(四男)

イングランドの旗 庶民院議員
選挙区 スタンフォード選挙区英語版
リンカンシャー選挙区英語版
ノーザンプトンシャー選挙区英語版
在任期間 1563年 - 1567年1571年1572年 - 1583年
1584年 - 1587年
1592年 - 1593年

イングランドの旗 貴族院議員
在任期間 1598年8月4日 - 1623年2月8日
テンプレートを表示

初代エクセター伯爵トマス・セシル: Thomas Cecil, 1st Earl of Exeter, KG1542年5月5日 - 1623年2月8日)は、イングランド貴族政治家

1598年に父ウィリアム・セシルからバーリー男爵の爵位を継承し、ついで1605年エクセター伯爵に叙された。

経歴[編集]

1542年3月5日エリザベス女王の国王秘書長官ウィリアム・セシル(のちのバーリー男爵)とその先妻メアリーの長男として誕生[1]。初代ソールズベリー伯爵ロバート・セシルは異母弟にあたる。

ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに進学し、ついでグレイ法曹院で学ぶ[2]。フランスに留学したが、女遊びばかりでろくに勉強しなかったという。そのため父ウィリアムはトマスよりロバートを引き立てようとした[3]

1563年から1567年1571年1572年から1583年にかけてスタンフォード選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務める。ついで1584年から1587年にかけてはリンカンシャー選挙区英語版1592年から1593年まではノーザンプトンシャー選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務める[1]

1575年ナイトに叙される。1598年に死去した父より第2代バーリー男爵位を継承し、1605年にはエクセター伯爵に叙された[1][2]

1599年から1603年まで北部法廷英語版議長とヨークシャー知事英語版を務めた[1]

1623年2月7日に死去。ウェストミンスター寺院に葬られた[2]

人物[編集]

優秀な弟ロバートの存在のために父ウィリアムから期待されることなく、日蔭の人生を生きることになった。しかしトマスは父の弟贔屓を恨むことは決してなかった。トマス自身、弟の方が自分よりはるかに頭が良いと認めていた。弟に対しても何の不満も抱いておらず、弟が必要とすればいつでも弟を支持した[4]

英国人名辞典』のトマスの記事では、凡庸な人物であり親が異なっていたら何も記録に残らなかったであろうと評されている[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

家族[編集]

1564年に第4代ラティマー男爵ジョン・ネヴィル英語版の娘ドロシーと結婚し、彼女との間に5男8女を儲けた。男子には次男の第2代エクセター伯爵ウィリアム・セシル英語版、三男のサー・リチャード・セシル英語版、四男の初代ウィンブルドン子爵エドワード・セシル英語版などがいる。女子には長女ルーシー(第4代ウィンチェスター侯爵英語版夫人)、四女メアリー(初代ノリッチ伯爵英語版夫人)、五女エリザベス英語版エドワード・コーク夫人)、六女フランセス(初代サネット伯爵英語版夫人)などがいる[1]

1610年に第4代シャンドス男爵ウィリアム・ブリッジス英語版の娘フランセスと再婚し、彼女との間にも一女を儲けた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Thomas Cecil, 1st Earl of Exeter” (英語). thepeerage.com. 2014年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d "Cecil, Thomas (CCL558T)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge. 
  3. ^ 石井(2009) p.486
  4. ^ ヒバート(1998)下巻 p.205
  5. ^  Jessopp, Augustus (1887). "Cecil, Thomas (1542-1622)". In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography. 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 404–405. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
初代バーリー男爵
Lincolnshire flag.svg リンカンシャー首席治安判事英語版
1594年以前 – 1608年以後
次代:
バーリー男爵英語版
先代:
ケネルム・ディグビー英語版
Rutland County Flag.svg ラトランド首席治安判事英語版
1594年以前 – 1623年
次代:
初代バッキンガム侯爵
先代:
第3代ハンティンドン伯爵英語版
(最後の在任者)
FlagOfYorkshire.svg ヨークシャー知事英語版
1599年1603年
次代:
初代マルグレイブ伯爵英語版
先代:
サー・クリストファー・ハットン英語版
(最後の在任者)
County Flag of Northamptonshire.png ノーザンプトンシャー知事英語版
1603年1623年
次代:
第2代エクセター伯爵英語版
議会
先代:
ウィリアム・コーク英語版
ジョン・ホートン
スタンフォード選挙区英語版選出庶民院議員
1563年 - 1567年1571年1572年-1583年
同一選挙区同時当選者
フランシス・ソーネフ(1563)
マイケル・レヴィス(1571)
フランシス・ハリントン(1572)
次代:
ロバート・ウィングフィールド
ジョージ・リン
先代:
トマス・ヘニッジ英語版
トマス・セント・ポール
リンカンシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1584年 - 1587年
同一選挙区同時当選者
サー・エドワード・ディモク
次代:
サー・エドワード・ディモク
ジョージ・セント・ポール英語版
先代:
サー・ウォルター・マイルドメイ英語版
サー・リチャード・ナイトレイ英語版
ノーザンプトンシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1593年1597年 - 1598年
同一選挙区同時当選者
クリストファー・イェルバートン英語版(1593)
サー・リチャード・ナイトレイ英語版(1597)
次代:
サー・ジョン・スタンホープ英語版
サー・ウィリアム・レーン英語版
イングランドの爵位
新設 Cecil.svg 初代エクセター伯爵
1605年1623年
次代:
ウィリアム・セシル英語版
先代:
ウィリアム・セシル
Cecil.svg 第2代バーリー男爵
1598年1623年