トマシュ・ボイトビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トマシュ・ボイトビッチ
Tomasz Wójtowicz
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Wojtowicz Tomasz.jpg
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1953-09-22) 1953年9月22日(63歳)
ラテン文字 Tomasz Wójtowicz
 
獲得メダル
Flag of Poland.svg ポーランド
オリンピック
1976 男子バレーボール
世界選手権
1974 男子バレーボール
テンプレートを表示

トマシュ・ボイトビッチポーランド語: Tomasz Wójtowicz1953年9月22日[1][2] - )は、ポーランドルブリン出身の男子バレーボール選手。

1974年世界選手権で優勝し、1976年モントリオール五輪で金メダルを獲得した[3]。1976年のモントリオールオリンピックで初めてバックアタックを使った人物として知られている[† 1]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

  • ポーランドの旗 AZS Lublin (1968-1972年)
  • ポーランドの旗 Avia Świdnik (1972-1978年)
  • ポーランドの旗 Legia Varsovie (1978-1983年)
  • イタリアの旗 Pallavolo Virtus Sassuolo (1983-1984年)
  • イタリアの旗 Pallavolo Parme (1984-1986年)
  • イタリアの旗 Ferrare Volley (1986-1987年 )
  • イタリアの旗 Pallavolo Città di Castello (1987-1989年 )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 眞鍋政義は『…日本が金メダルを取った3大会には「新戦術」があった。世界でも、モントリオールで優勝したポーランドはボイトビッチがその大会で初めてバックからスパイクを打ち(バックアタック)、アメリカは2人サーブレシーブ、リードブロックを考案し、世界一になっています。』と発言している。[4]

出典[編集]