トケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Toques

{{{市章説明}}}

サント・アントリン教会
サント・アントリン教会
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Bandera de la ciudad de La Coruña.svg ア・コルーニャ県
コマルカ テーラ・デ・メリーデ
司法管轄区 アルスーア
面積 77.9 km² [1]
教区数 10
居住地区数 90
人口 1,248 人 (2014年[1]
人口密度 16.02 人/km²
住民呼称 toquense
ガリシア語率 97.20% (2011年[2]
自治体首長
2011年
ホルヘ・フランシスコ・カルボ・
ペストニト(PPdeG
Toquesの位置(スペイン内)
Toques
Toques
スペイン内のトケスの位置
Toquesの位置(ア・コルーニャ県内)
Toques
Toques
ア・コルーニャ県内のトケスの位置

北緯42度58分04秒 西経7度59分17秒 / 北緯42.96778度 西経7.98806度 / 42.96778; -7.98806座標: 北緯42度58分04秒 西経7度59分17秒 / 北緯42.96778度 西経7.98806度 / 42.96778; -7.98806
トケス公式サイト

Situacion Toques.PNG

トケスガリシア語: Toques)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は1,343人(2009年:1,405人、2006年:1,485人、2005年:1,512人、2004年:1,530人、2003年:1,550人)[1]。住民呼称は男女同形のtoquense。

ガリシア語話者数の自治体人口に占める割合は97.20%(2011年[2])。

地理[編集]

トケスはア・コルーニャ県の南東部に位置し、コマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデに属する。隣接する自治体は、北はソブラード、東がルーゴ県フリオルパラス・デ・レイ、南と西がメリーデである[3]

トケスはアルスーア司法管轄区に属す[4]

人口[編集]

住民は10の教区の90の地区(集落)に居住する[1]

トケスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

政治[編集]

現在の首長はガリシア国民党(PPdeG)の ホルヘ・フランシスコ・カルボ・ペストニト(Jorge Francisco Calvo Pestonit[7]、自治体評議員はガリシア国民党:4、XCPT[8]:3、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[9]

1999年6月13日自治体選挙[9]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 933 78.67% 7
PSdeG-PSOE[10] 243 20.49% 2

首長当選者:ヘスス・アーレス・バスケス(PPdeG)

2003年5月25日自治体選挙[9]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 820 64.11% 6
AIT[11] 302 23.61% 2
PSdeG-PSOE 146 11.42% 1
BNG 5 0.39% 0

首長当選者:ヘスス・アーレス・バスケス(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[9]
政党 得票数 得票率 獲得議席
XCPT 523 43.69% 4
PSdeG-PSOE 278 23.22% 2
PPdeG 260 21.72% 2
BNG 133 11.11% 1

首長当選者:ミゲル・アンヘル・ブハン・バレーラ(PSdeG-PSOE)

2011年5月22日自治体選挙[9]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 455 42.05% 4
XCPT 360 33.27% 3
BNG 202 18.67% 2
PSdeG-PSOE 62 5.73% 0

首長当選者:ホルヘ・フランシスコ・カルボ・ペストニト(PPdeG)

史跡[編集]

トケスには多くのケルトのカストロ遺跡や巨石遺跡(ドルメンなどの)考古遺跡が残されている。自治体庁舎の置かれたソウトから1.5kmの位置にあるカストロ・ダ・グラーニャ(Castro da Graña、ア・カペーラ教区)は1990年代にサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学とポーランドのウチ大学の調査団によって発掘され、今日訪れることができる。ムルショーサ集落にほど近いフォルノ・ドス・モウロス(Forno dos Mouros、ア・カペーラ教区)のドルメン(ガリシア語でMámoaと呼ばれる)は2010年に整備され、容易に行くことができる。

ア・カペーラ教区の教区教会サン・アントリン・デ・トケス教会(Igrexa de Santo Antolín de Toques)はロマネスク教会(12世紀)で、トカ川のほとりに深い森に囲まれたところにある。

また、自治体内、ビロウリスとビラモールの両教区には初期のサンティアゴ巡礼路が通っており、メリーデでフランスの道に合流している。

経済[編集]

自治体の経済活動は乳牛・肉牛飼育の牧畜業と林業分野が中心となっている。

教区[編集]

トケスは10の教区に分けられている。

  • ア・カペーラ(サンタ・マリーア)
  • マンゴエイロ(サン・トメ)
  • オルデス(サンタ・マリーア)
  • パラデーラ(サン・パイオ)
  • サン・マルティーニョ・デ・オレイロス(サン・マルティーニョ)
  • サン・シアーオ・ド・モンテ(サン・シアーオ)
  • サンタ・エウフェミア・ド・モンテ(サンタ・エウフェミア)
  • サンタ・マリーニャ・デ・ブラーニャス(サンタ・マリーニャ)
  • ビラモール(サント・エステーボ)
  • ビロウリス(サンティアーゴ)

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c d IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2015年3月3日閲覧。
  2. ^ a b Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública., http://praza.gal/recurso/1263/evolucion-no-uso-do-galego-por-concellos/ 
  3. ^ Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.25、p.299-300、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5843-4
  4. ^ Arzúa, partido judicial nº8 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  7. ^ Alcaldes Elecciones 2011” (スペイン語). Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2012年9月9日閲覧。
  8. ^ XCPTはXuntos cara o progreso de Toques(トケスの進歩へ向けての統一)、ローカル政党。
  9. ^ a b c d e Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2012年9月8日閲覧。
  10. ^ PSdeG-PSOEはガリシア社会党スペイン社会労働党の地域支部政党。
  11. ^ AITはIndependientes por Toques(トケスのための無所属者たち)、ローカル政党。