デメトリオ・ストラトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デメトリオ・ストラトス
Demetrio Stratos
Demetrio Stratos - Ευστράτιος Δημητρίου.jpg
1970年代
基本情報
出生名 Efstratios Dimitriou(Ευστράτιος Δημητρίου
生誕 (1945-04-22) 1945年4月22日
出身地  エジプトアレクサンドリア
ギリシャの旗 ギリシャ
死没 (1979-06-13) 1979年6月13日(34歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
学歴 イタリアの旗 イタリアミラノ工科大学
ジャンル プログレッシブ・ロック
フリー・ジャズ
アート・ロック
民族音楽
実験音楽
職業 ミュージシャンボーカリストキーボーディストシンガーソングライター声楽家
担当楽器 ボーカルキーボード
活動期間 1963年 - 1979年
共同作業者 I Ribelli
アレア

デメトリオ・ストラトスDemetrio Stratos1945年4月22日 - 1979年6月13日)は、エジプト出身のギリシャ人ミュージシャンシンガーソングライターキーボーディスト声楽家

イタリアンジャズ・ロックバンドアレア」の創設メンバー。音楽家としても、ロックの枠には収まらない程の評価と才能をを秘めていたが、若くして他界した。

人物[編集]

1945年エジプトアレクサンドリア生まれ。少年期はアテネ国立音楽院などで、ピアノ鍵盤楽器を学ぶ。音楽的には、アラビア半島由来の民族音楽に影響を受けている。1957年に政治的理由でキプロスに移住し、1962年にはイタリアミラノに移った。その地元・ミラノ工科大学に在学する。

1963年頃からキーボーディストおよび歌手としての活動を始める。1968年にビートグループ「I Ribelli」に参加し、1970年まで活動。1972年にはシングル「Daddy's dream」でソロ・デビューするが、商業的な成功には至らなかった。

同年、ジャズ・ロックバンドアレア」を結成し、ボーカルキーボーディストとして活動再開[1]。並行して行われたソロ活動では、人間の声の可能性を追求した、極めて実験性の高いスタイルを展開する。

1974年ジョン・ケージのアルバムに参加。

1976年、初のソロ・アルバム『Metrodora』を発表。

1978年アレアの脱退を決意。本格的なソロ活動一本に絞る。

1979年に元PFMマウロ・パガーニ、元アレアのパオロ・トファーニ等と共演し、ライブ・アルバム『Rock and roll exhibition』を作成するが、白血病に倒れニューヨークの病院に入院。彼の治療を支援する為のコンサートが企画されたが、その前日の6月13日に死去。34歳。翌日の追悼コンサートでは数万人の聴衆が彼の死を悼んだ。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオアルバム

  • 1976 Metrodora
  • 1976 La cantata rossa per Tall El Zaatar(Gaetano Liguori 、Giulio Stocchiと連名)
  • 1978 Cantare La Voce
  • 1990 Le milleuna(未発表音源)

ライブアルバム

  • 1979 Rock And Roll Exibition(パガーニ、トファーニと連名)
  • 1980 Recitarcantando(ルチオ・ファブリと連名)
  • 1995 Concerto All'elfo

コンピレーション

  • 2002 Stratosfera box set(Metrodora, Cantare La Voce, Concerto All'elfo, Recitarcantando, Le milleunaを収録)

I Ribelli名義

  • 1968 I Ribelli(アルバム)

シングル[編集]

  • 1972 Daddy's dream
  • 1978 O Tzitziras o Mitziras

映像[編集]

  • 1994 Suonare La Voce (VHS) (2006年、DVDで再発)

脚注[編集]

  1. ^ 世界の素晴らしいプログレッシヴ・ロック・バンド、BEST20組”. u discover music.jp (2018年8月23日). 2018年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]