デイル・クローヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイル・クローヴァー(Dale Crover, 1967年10月23日-)は、アメリカ合衆国のドラマー作曲家マルチプレイヤーメルヴィンズのドラムを担当しているほか、自身のサイドプロジェクト・Altamontでギター・ヴォーカルを担当している。また、近年では、バンドメイトのバズが参加しているバンド・Fantômasのライブでのサポートメンバーとして、ドラムも演奏している(元々のドラマーである、デイヴ・ロンバードの代役。)

経歴[編集]

ワシントン州アバディーン出身。中学生の頃は、マーチング部に所属しており、パーカッションを演奏していた。のちに、アイアン・メイデンのカヴァー・バンドに参加し、ドラムを担当。すると、ドラマーを探しているメルヴィンズのメンバーに誘われ、バンドに加入。途中から参加したメンバーの中では、唯一現在でも、バンドに在籍している。 なお、ニルヴァーナカート・コバーンとは、出身地が同じため、私生活でも関係が深く、彼のバンドのサポートメンバーとしても活躍していたこともあり、またカート・コバーンのバンドフィーカル・マターに参加していた時もある。しかし、メルヴィンズでの活動が忙しくなったため、最終的には離脱したものの、それでもカートとの関係は彼が亡くなる直前まで続いていた。