ディズニー インフィニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Disney INFINITY
ディズニー インフィニティ
対応機種 Wii U
ニンテンドー3DS
開発元 ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
発売元 日本の旗 バンダイナムコゲームス(後のバンダイナムコエンターテインメント
シリーズ ディズニー インフィニティシリーズ
人数 [Wii U]1-2人
[3DS]1人
メディア [3DS]3DSカード
発売日 日本の旗 2013年11月28日
対象年齢 [Wii U]CEROB(12才以上対象)
[3DS]CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

ディズニー インフィニティ』(Disney INFINITY)は、ディズニー・インタラクティブ・スタジオが開発し、2013年に発売されたゲームソフト。プラットフォームはPlayStation 3Xbox 360Wii Uニンテンドー3DSなど。

日本では、Wii U版と3DS版がバンダイナムコゲームス(後のバンダイナムコエンターテインメント)より2013年11月28日に発売されたほか、2014年6月11日からNTTのクラウドゲームサービス・ひかりTVゲームでも配信が開始された[1]。2015年には続編となる『ディズニー インフィニティ2.0』が発売・配信開始された。2015年11月12日にはシリーズ3作目『ディズニーインフィニティ3.0』が発売された。

概要[編集]

ウォルト・ディズニー・カンパニーピクサー・アニメーション・スタジオが制作した作品の登場キャラクターがクロスオーバーする、クリエイティブ要素を備えたゲーム。

本商品には専用機器「ディズニーインフィニティ・ベース」が付属しており、「キャラクターフィギュア」「パワーディスク」の内蔵データをリードしてゲームに反映させることができる。「キャラクターフィギュア」なら使用するプレイヤーキャラが変化し、「パワーディスク」ならアイテムや特殊効果などが使えるようになる。パワーディスクは円形と六角形のものがあり、円形のものはフィギュアの下に2枚まで設置することができ、主にキャラクターの能力アップに使用する。六角形のものは色によって使用方法が異なり、オレンジのものは追加の武器や乗り物を出現させ、紫のものはブロックのテクスチャや背景(スカイドーム)の変更に使用する。円形のものはプレイセットでも使用できるが、六角形のものはトイボックスモード専用。

Wii U版のジャンルはアクションゲームでディズニーインフィニティ・ベースでプレイセットピースとそれに対応するキャラクターフィギュアを読み込むことで作品ごとのストーリーをプレイできる。

Wii U版のスターターパックで最初から遊べるプレイセット(ストーリーモード)は以下の3つ。

  • モンスターズユニバーシティ
  • パイレーツオブカリビアン
  • Mr.インクレディブル

追加のプレイセット・パックが必要になるのは以下の3つ

  • カーズ
  • ローンレンジャー
  • トイストーリー

3DS版のジャンルはボードゲームでプレイヤーキャラを用いたすごろくをプレイする。ディズニーインフィニティ・ベースでパワーディスクを読み込むことでサイコロの変更(紫色の六角形)や特殊能力の使用(円形)、アイテムのアンロック(オレンジ色の六角形)などが可能。

参加作品・キャラクター[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]