ツルマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツルマメ
Glycine soja 5.JPG
ツルマメ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ダイズ属 Glycine
: ツルマメ G. soja
学名
Glycine soja
Siebold & Zucc.
シノニム
  • Glycine max subsp. soja
    (Siebold & Zucc.) H. Ohashi
  • Glycine formosana Hosok.
  • Glycine gracilis var. nigra Skvortsov
  • Glycine ussuriensis Regel & Maack
和名
ツルマメ

ツルマメ学名Glycine soja)は、マメ科ダイズ属一年草で、つる植物である。別名、ノマメともよばれる[1]ダイズの原種とされる。

分布[編集]

日本では本州四国九州沖縄の各地、国外では朝鮮半島中国ロシアウスリー川沿岸やアムール川沿岸地域に分布する[2]。日当たりのよい野原や道端に生えるつる性の植物である[3]

形態[編集]

つるとなるは細長く、長さは1 - 4 mまで伸びて[4]。つるは右から左巻きに他の木や草によく絡みつく[3]。近縁種の中では太めで強いつるとなり[1]、全体に細い茶褐色の逆毛が密生する[2]

互生で、長い柄を持った3枚の小葉からなる複葉で、各小葉は披針状(ひしんじょう)の長卵形、長楕円形、披針形などが見られる[2]。葉の縁はなめらかで、大きさは長さ3.5 - 6.0 cm、幅1.5 - 2.5 cmほどあり[4]、葉の表面と裏面ともに毛がある[5]。小葉の基部には小托葉があり、狭披針形で黄色く柔らかい毛がある[5]

花期は夏から秋の7 - 9月[4]で、葉腋(ようえき)から房状花序を出して、長さ6mm前後の蝶形をした赤紫色の花が3 - 4個つき、まれに白い花もある[2](がく)はツリガネ形で5裂し、黄褐色の細かい毛が密生する。花は2枚の花弁と、それより小さい2枚の淡紫色の花弁からなる。花弁のうち旗弁の中央部分は凹んだ形状をしている[5]雄しべは10本で、下側の9本が下部で癒着して一体となる[2]

果実は、秋にダイズによく似た長さ2 - 3cmほどの豆果をつけ、黄褐色の粗い毛を密につける[2][3]。莢(さや)の中に2 - 4個の平たい種子が入っており、食用にすることもできる[5]。染色体数は2n=40[4]

利用[編集]

ツルマメはダイズの近縁で、その原種と考えられており[2]、古代より人々が栽培し、さらに品種改良したものがダイズになったといわれる[1]。品種改良されていないため莢の成熟が不揃いであるなど農業的な特性はダイズに大きく劣る[6]。ツルマメはダイズとの交雑が可能であることが知られており、ダイズの子実成分、耐病性等についての改良を目的に、さまざまな特徴を持ったツルマメの系統がダイズの品種改良に利用された[7]事例がある。だが、一般にはダイズとの間の雑種には蔓化、割莢等のツルマメ由来の不良形質が発現し、ダイズとの戻し交雑による不良形質除去が容易ではないため、遺伝資源としての利用には一定の困難が伴う[8]

今までに、種子中の貯蔵タンパク質含有量を増加させる遺伝子を持った系統[9]や、種子中の抗酸化作用があるといわれるグループAサポニンの多い系統[10]などが発見されている。しかし、種子中のイソフラボン含有量はダイズに劣る[6]

栽培ダイズをはじめとするダイズ属やササゲ属の種子に由来する植物圧痕の存在が縄文時代前期から中期の土器において近年確認され、考古学的には注目されている。なかでも、2009年には山梨県北杜市長坂町酒呑場遺跡から縄文前期のツルマメ種子圧跡が確認され、縄文前期から利用された可能性が考えられている[11]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 谷川栄子 2015, p. 54.
  2. ^ a b c d e f g 内藤俊彦 1995.
  3. ^ a b c 山田孝彦 & 山津京子 2013.
  4. ^ a b c d Flora of China Vol.10 p.251
  5. ^ a b c d 谷川栄子 2015, p. 55.
  6. ^ a b 境哲文 , 菊池彰夫 , 島田尚典 , 高田吉丈 , 河野雄飛 , 島田信二「ダイズ子実中のイソフラボン含量および組成の品種・系統間差異と子実特性および播種時期との関係(品質・加工)」日本作物學會紀事 74(2), 156-164
  7. ^ 王克晶、高畑義人、海妻矩彦(2002)「中国におけるダイズ野生祖先種ツルマメ(Glycine soja)遺伝資源の状況およびその利用」農業および園芸 77(10), 1101-1106
  8. ^ Weber.C.R (1950) Iowa Agr.Exp.Station Res.Bull.374 767-816
  9. ^ 海妻矩彦、福井重郎(1974)「ツルマメ(Glycine soja Sieb. and Zucc.)の種子たんぱく質および含硫アミノ酸含量の系統間差異とその育種的意義」育種學雜誌 24(2), 65-72
  10. ^ Tsukamoto, C. et al. (1992) Group A acetyl saponin-deficient mutant from the wild soybean., Phytochemistry, 31, 4139-4142
  11. ^ 中山誠二・長沢宏昌・保坂康夫・野代幸和・櫛原功一・佐野隆「レプリカ・セム法による圧痕土器の分析(3)―山梨県天神遺跡、酒呑場遺跡-」『山梨県立博物館研究紀要』(第3号、2009年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]