チョーコー醤油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョーコー醤油株式会社
本社の入居するチョーコー会館ビル
種類 株式会社
略称 チョーコー
本社所在地 日本の旗 日本
850-0051
長崎県長崎市西坂町2番7号
設立 1966年(昭和41年)10月
業種 食料品
事業内容 醤油味噌
代表者 林田 邦彦
資本金 5,000万円
売上高 46億円(2005年3月期・単体)
主要子会社 長工醤油味噌協同組合
外部リンク http://www.choko.co.jp/
テンプレートを表示

チョーコー醤油株式会社(チョーコーしょうゆ)は、長崎県長崎市に本社を置く日本調味料メーカー。

概要[編集]

醤油味噌・その他これらを基にした調味料を販売。醤油は九州で伝統的に好まれる甘みの強いものを生産販売している。

皿うどんにかけるウスターソースとして「金蝶ソース」という製品があり、愛用されている。

会社のルーツは戦時統制。これによって県内に存在していた中小の醤油・味噌業者が統合され発足した「長崎醤油味噌醸造工業組合」が母体である。組合はその後何度も改称を繰り返し、現在は「長工醤油味噌協同組合」と名乗り、「チョーコー」ブランド商品の製造を続けている。その販売部門がこの会社である。

社名は、崎醤油味噌業協同組合に由来し、会社ロゴも、長工の2文字のモチーフが使われている[1][2]

沿革[編集]

  • 1941年 - 長崎醤油味噌醸造工業組合創業
  • 1945年 - 原爆投下により生産設備がほぼ全て失われる
  • 1947年 - 長崎醤油味噌工業組合へ改称/会社の母体となる長崎調味料有限会社創立
  • 1948年 - 御船蔵町味噌工場完成(現、長崎市西坂町本社)/長崎調味料有限会社を長工醤油味噌有限会社に改称
  • 1959年 - 御船蔵町醤油工場完成(オートメーションの高層ビル工場)
  • 1964年 - 諫早味噌工場完成
  • 1966年 - 長工醤油味噌有限会社を長工醤油株式会社に改組(この時を会社の設立とする)
  • 1969年 - 大村工場第一期工事完成
  • 1973年 - 長工醤油株式会社を現社名に変更
  • 1975年 - 大村工場第二期工事完成
  • 1993年 - 明楽館完成(新厚生棟)
  • 1998年 - ソース・食酢製造開始
  • 1999年 - 新工場香味彩館完成
  • 2000年 - 関西物流センター設置

事業所[編集]

工場
大村工場 大村市溝陸町815
支社
  • 長崎支社 長崎市田中町642番2
  • 東京支社 埼玉県戸田市早瀬2-24-12 ケイアイ株式会社内
  • 諫早支店 諫早市幸町49番38号
  • 佐世保支店 佐世保市有福町4159番3号
  • 五島支店 五島市東浜町1丁目15番6号
  • 福岡支店 福岡県大野城市仲畑2丁目2番1号
  • 小倉支店 北九州市小倉北区堅町2丁目4番1号
  • 佐賀支店 佐賀市西田代2丁目5番26号
  • 大阪支店 大阪府大東市新田旭町2-18 ケイアイ株式会社内
  • 名古屋支店 名古屋市守山区野萩町6番43号
営業所
  • 熊本営業所 熊本市健軍1丁目31番3号
  • 天草営業所 熊本県本渡市本渡町本戸馬場3030番7号
  • 広島営業所 広島県安芸郡海田町寺迫2丁目7番19号
  • 札幌営業所 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-15-401
代理店
  • 沖縄総代理店(富村商事) 沖縄県浦添市西洲2丁目8番3号

主な商品[編集]

醤油
  • 有機醤油 こいくち
  • 有機醤油 うすくち
  • 超特選 むらさき
  • 超特選 うすむらさき
  • 超特選 減塩醤油
  • 木樽仕込 国産丸大豆使用醤油
  • 純むらさき
  • うすむらさき
味噌
  • 長崎みそ
  • 有機味噌麦(無添加)
  • 長崎麦味噌
  • 輝麦
  • 長崎米麦合わせみそ
  • 減塩みそ
だし・つゆ
  • 有機醤油使用 だしの素
  • 有機醤油使用 京風だしの素
  • 焼きあごだし うすいろ
  • あごつゆ
  • えびつゆ
その他

関連項目[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]