チャールズ・テーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャールズ・テーラー
Charles Taylor
President Charles Taylor.png

リベリアの旗 リベリア共和国
第22代 大統領
任期 1997年8月3日2003年8月11日

出生 (1948-01-28) 1948年1月28日(73歳)
リベリアの旗 リベリアモンセラード郡アーティトン
政党 国民愛国党

チャールズ・マッカーサー・ガンケイ・テーラー(Charles MacArthur Ghankay Taylor、1948年1月28日 - )は、リベリア政治家大統領1997年8月3日 - 2003年8月11日)。

リベリア内戦を引き起こし結果として権力を掌握したものの、内戦は近隣諸国を巻き込むことになり退陣を余儀なくされた事で知られる。2018年1月22日よりジョージ・ウェア大統領のもとで副大統領を務めているジュエル・テーラー英語版はチャールズ・テーラーの元妻である[1]

履歴[編集]

  • 1948年モンロビア近郊の高級住宅地アーティトン地区でアメリコ・ライベリアンの父とゴラ族(ギオ族とも)の母との間で生まれる(一説にはアメリコ・ライベリアンの血は入っておらず、現地の先住民とも言われている)。兄弟にボブ・テーラーと兄のネルソン・テーラー(内戦で死亡している)がいる。息子にアメリカで拷問罪の罪で起訴されたチャールズ・“チャッキー”・テイラー・(ジュニア)がいる。
  • 1970年代アメリカベントレー大学経済学を学ぶ。
  • 1980年サミュエル・ドウ政権下で調達庁長官に就任。その後公金横領容疑で逃亡先のアメリカで逮捕されたものの逃走。
  • 1987年ガーナブルキナファソ大使を介してリビアムアマル・カダフィ大佐と接触。
  • 1988年リビアゲリラ訓練所でシエラレオネアハメド・フォディ・サンコーと出会う。
  • 1989年12月に反政府武装組織「リベリア国民愛国戦線(NPFL)」を結成し、コートジボワールから国境を越え、リベリア北部から進入し蜂起する。
  • 1991年にはNPFLを隣国のシエラレオネに侵入させ、親交のあったサンコーと共にシエラレオネ内戦も起こす。
  • 1997年8月2日に大統領就任(NPFLは国民愛国党に改組)するも内戦は収まらず、反対派を軍隊や私兵を使って鎮圧する。また、中華人民共和国と国交断絶して台湾中華民国)から資金援助を得た[2]
  • 2003年2月以降のアメリカ及び国際社会の圧力や反政府勢力の攻勢などを受け、同年8月11日に辞任しナイジェリアへ亡命。
  • 2006年3月、亡命先のナイジェリア当局に拘束。シエラレオネ内戦に関与、虐殺や非道な行為を働いたとして国際戦犯法廷から起訴。
  • 2006年4月、シエラレオネの首都フリータウンでのシエラレオネ特別法廷に出廷して無罪を主張。
  • 2006年6月、フリータウンで審理実施した際の政情不安の予想を理由に、国際刑事裁判所(オランダのハーグ)に法廷が設置され、それに伴いハーグに移送される。
  • 2007年6月、4日の公判で、検察側の9人に対して弁護団が1人しかいないことを理由に審理出席を拒否。
  • 2007年8月、新たな弁護団が就任し、テーラーも20日に出廷。判事団は新たな弁護団を用意する時間を与えるとして公判を2008年1月7日まで延期することを決定した。
  • 2012年4月26日にオランダのハーグで開かれていたシエラレオネ特別法廷で禁固50年の刑を言い渡された。国際連合が設置する法廷での国家元首経験者に対する有罪判決は史上初[3]。なお、シエラレオネ特別法廷は、この裁判をリベリア国内で開廷した場合には治安・警備上の懸念があったことから、公判はオランダのハーグで実施したため、国際刑事裁判所で裁判があったとする報道があるが[4]、この法廷は、国連が設置したものであり国際刑事裁判所で裁判されたものではない。
  • 現在はイギリスの刑務所で50年の刑期を務めている[5]
  • 2021年10月、シエラレオネでの内戦中の彼の役割のために2012年に人道に対する罪で50年の刑を宣告されたチャールズ・テイラーは、「彼の退職金の未払い」についてリベリアに対して訴状を提出しました。 この苦情は、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の法廷に提出されました。

息子[編集]

本名チャールズ・マッカーサー・エマニュエル(Charles McArthur Emmanuel、別名でロイ・マッカーサー・ベルファスト・ジュニア、Roy M Belfast,Jr.とも言う)はチャールズ・テーラーの実の息子で“チャッキー”の愛称で知られている。アメリカ生まれでフロリダ州マイアミに住み、アメリカ市民権も取得している。父がリベリアの政権を握っていた時は警備担当を務めていた。そして2002年7月24日リベリアの首都モンロビア周辺で、ある男性(検察は特定していない)を拉致し、熱したアイロンを押しつけたり、熱湯をかけたり、性器に電気ショックを与えたり、囚人同士に同性間性行為を強要するなど残酷な拷問をしていたとされる。フロリダ州南部を管轄する連邦検察官事務所は2006年に拷問罪で彼を起訴した。

出典[編集]

公職
先代:
ルース・ペリー
(国家評議会議長)
リベリアの旗 リベリア共和国大統領
第22代:1997 - 2003
次代:
モーゼス・ブラ