チック・スタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チック・スタールから転送)
移動先: 案内検索
チック・スタル
Chick Stahl
Chick Stahl-2.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州ウェストバーデンスプリングス
生年月日 1873年1月10日
没年月日 (1907-03-27) 1907年3月27日(満34歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 右翼手中堅手
初出場 1897年4月19日
最終出場 1906年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • ボストン・アメリカンズ (1906)

チャールズ・シルヴェスター・"チック"・スタルCharles Sylvester "Chick" Stahl, 1873年1月10日 - 1907年3月28日)は、アメリカ合衆国 インディアナ州ウェスト・バーデン・スプリングス出身のプロ野球選手外野手)。左投げ左打ち。

経歴[編集]

1897年ボストン・ビーンイーターズでデビュー。

彼の巧打を表す逸話として、1897年には1試合6安打を達成、1903年のワールドシリーズでは三塁打を3本も放った、などがある。

1901年ボストン・アメリカンズに移籍。1906年ジミー・コリンズの後を継いで選手兼任監督となる。

1907年3月28日、シーズン前のスプリングトレーニング中にフェノールを飲んで自殺した。動機は不明である。チームメイトの数人に「少年達よ、私はそれを助けることが出来なかった。それは私の気持ちを駆り立てた」と最期の言葉を語った。それが正確に何を指しているのか未だに謎のままである。1908年の新聞は、スタルは監督として友人のコリンズをチームから放出しなければならなくなったため落胆していたと主張している。

1907年のシーズン開始前、スタルの後を継いでサイ・ヤングが監督に就任した。コリンズは同年6月にフィラデルフィア・アスレチックスにトレードされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]