チカヌマエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チカヌマエビ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目) Pleocyemata
下目 : コエビ下目 Caridea
: ヌマエビ科 Atyidae
亜科 : チカヌマエビ亜科 Caridellinae
: チカヌマエビ属 Halocaridinides
Fujino et Shokita, 1975
: チカヌマエビ H. trigonophthalma
学名
Halocaridinides trigonophthalma (Fujino et Shokita, 1975)

チカヌマエビ(地下沼蝦)、学名 Halocaridinides trigonophthalma は、十脚目ヌマエビ科に分類されるエビの一種。西太平洋沿岸の熱帯域に分布し、和名通り地下水中に生息する。チカヌマエビ属 Halocaridinides は2種のみが知られる小さなグループである(後述)[1][2][3][4]

特徴[編集]

成体は体長10mm程度で、日本産ヌマエビ類としては小型である。頭胸甲の前面は丸みを帯び、額角は短く下向きで、眼より先に突き出ない。眼は小さく退化している。歩脚に外肢はないが、前3対には副肢がある。生時の体色はみを帯びるが、これは深海や地下水等の暗い環境に棲むエビ類によく共通する[1][2][3]

生息地は沖縄本島宮古島伊良部島鳩間島パラオ諸島アンガウル島グアム島の記録があり、いずれも西太平洋熱帯海域の島嶼である。タイプ産地は沖縄本島今帰仁村(なきじんそん)である[2][3][5]

標高の低い位置にある井戸洞窟内の地下水中に生息する。南西諸島産の地下水生ヌマエビ類は他にドウクツヌマエビ Anticaridina lauensisアシナガヌマエビ Caridina rubella が知られるが、本種は額角が短く、歩脚に外肢がない点で区別できる。また飼育下では物陰に潜む習性が強い。地下水生で人の目に触れる機会が稀なため、生息範囲・生活史・繁殖方法等の詳細は不明だが、沖縄本島の塩川において本種とみられる第1ゾエア幼生が採集されている[2]

レッドリスト掲載状況[編集]

生息地である洞窟・井戸の埋め立て、工事による地下水脈の分断、地下水汲み上げ、農薬等による地下水汚染が脅威となる。既に沖縄本島の生息地が埋め立てで失われた等の報告がある。

環境省の『その他無脊椎動物レッドリスト』では、1991年版で「希少種」、2000年版で「準絶滅危惧(NT)」であったが、2007年版では「絶滅危惧II類(VU)」となり、絶滅への危険度が増している。沖縄県レッドデータブックではさらに厳しい「絶滅危惧IB類(EN)」で掲載されている[3]。また、国や自治体の天然記念物指定を受けている生息地もある。特に本種に絞った指定ではないが、指定区域内での無許可の採集は処罰対象となる。

同属種[編集]

Halocaridinides fowleri (Gordon, 1968)
チカヌマエビに似ているが、第2触角(長い触角)柄部が短いこと、第3顎脚外肢が長いことで区別する。タンザニア沖のインド洋にあるザンジバル諸島に分布する[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 三宅貞祥『原色日本大型甲殻類図鑑 I』1982年 保育社 ISBN 4586300620
  2. ^ a b c d e 成瀬貫・戸田光彦・諸喜田茂充『八重山諸島鳩間島から採集されたチカヌマエビの記録』Cancer (12), 1-6, 2003-05-01
  3. ^ a b c d 沖縄県文化環境部自然保護課『改訂版 レッドデータおきなわ-動物編- (6)甲殻類』(解説 : 藤田喜久・諸喜田茂充)2005年
  4. ^ Sammy De Grave, N. Dean Pentcheff, Shane T. Ahyong et al. (2009)"A classification of living and fossil genera of decapod crustaceans" Raffles Bulletin of Zoology, 2009, Supplement No. 21: 1–109, National University of Singapore
  5. ^ 琉球大学学術リポジトリ 琉球大学資料館(風樹館)収蔵タイプ標本目録 no.1 p.71[和名] チカヌマエビ [学名] Halocaridinides trigonophthalma (Fujino & Shokita, 1975)