ダミール・マルコータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダミール・マルコータ
Damir Markota
Markota.JPG
CBビルバオ・ベリー  No.25
ポジション SF/PF
背番号 25
身長 211cm  (6 ft 11 in)
体重 102.1kg (225 lb)
基本情報
本名 ダミール・マルコータ・オメルホジッチ
愛称 "Šveđo"
ラテン文字 Damir Markota
クロアチア語 Damir Markota Omerhodžić
誕生日 1985年12月26日(29歳)
クロアチアの旗 クロアチア
スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
サラエボ
ドラフト 2006年 59位
選手経歴
2001-2002
2002-2003
2003-2006
2006-2007
2007
2007
2007-2008
2008
2008
2008-2009
2009-2010
2010-2012
2012
2012-2013
2013
2013-2014
2014-2015
2015-
KK Zabok
Sanac Karlovac
KKシボナ・ザグレブ KKシボナ・ザグレブ
ミルウォーキー・バックス ミルウォーキー・バックス
タルサ・66ers タルサ・66ers
ミルウォーキー・バックス ミルウォーキー・バックス
スパルタク・サンクトペテルブルク スパルタク・サンクトペテルブルク
ジャルギリス・カウナス ジャルギリス・カウナス
KKシボナ・ザグレブ KKシボナ・ザグレブ
メノルカ・バスケット メノルカ・バスケット
CBビルバオ・ベリー CBビルバオ・ベリー
ユニオン・オリンピア
KKザグレブ
ベシクタシュ
ブローゼ・バスケッツ
CBビルバオ・ベリー
シボナ・ザグレブ
イスタンブールBB

ダミール・マルコータDamir Markota)ことダミール・マルコータ・オメルホジッチDamir Markota Omerhodžić1985年12月26日 - )は、クロアチアのプロバスケットボール選手。スペイン男子プロバスケットボールリーグ1部ACBCBビルバオ・ベリー所属。ユーゴスラビアボスニア・ヘルツェゴビナサラエボ出身。ポジションはスモールフォワードパワーフォワード。211cm、102.1kg。

来歴[編集]

ボスニア・ヘルツェゴビナサラエヴォで生まれた彼はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の最中、スウェーデンで育った。ストックホルムのチームでマチェイ・ランペと共にプレーし、14歳の時にクロアチアに移り、その後KKシボナ・ザグレブと契約したが、2002-2003シーズンまで他チームにレンタルされた。バスケットボールスウェーデン代表からオファーを受けていたが、これを断り、クロアチアの市民権を得た。

バスケットボールクロアチア代表に招集され、2003年のジュニア世界選手権で平均5.8得点、4,2リバウンドをあげた。2005年のU-20バスケットボール欧州選手権ではチームトップの平均18.3得点、10.8リバウンド、2.9アシストをあげた[1]

2004年のNBAドラフトにエントリーしたが、とりやめた。2005年に母親の旧姓であるマルコータに改名した[1]

2005-2006シーズンには、平均7.8得点、5.1リバウンドをあげて、控え選手としてはユーロリーグの中でもトップクラスの活躍を見せた[2]

2006年のNBAドラフト2巡59位でサンアントニオ・スパーズに指名されたが、2007年のドラフト2巡指名権2つとの交換でミルウォーキー・バックスに交渉権がトレードされた。バックスは同年夏、マルコータと複数年契約を結んだ[3]。2007年2月、NBAデベロップメント・リーグタルサ・シックスティシクサーズに送られた[4]。同年9月8日、バックスからウェーバーされ[5]、2日後にロシアスパルタク・サンクトペテルブルクと契約を結んだ。2008年初めにリトアニアBCジャルギリスと契約した。

2008年の北京オリンピック代表に選ばれていたが、カメルーン戦で半月板を損傷したため欠場することとなった[6]

2008年8月14日、KKシボナ・ザグレブと契約を結んだ[2]。しかしひざの負傷もあり十分なパフォーマンスを見せることができなかった。同年10月、ACBメノルカ・バスケットと契約[7]、2009年1月、ビルバオ・バスケットに加入した[8]

2010年9月1日、スロベニアのユニオン・オリンピアと1年契約を結んだ[9]。2012年1月、給料の支払いがきちんと行われないオリンピアを退団し、KKザグレブと契約した[10]

2012年8月、ベシクタシュJKと1年契約を結んだ[11]。2013年9月27日、ブローゼ・バスケッツと契約を結んだ[12]。11月25日、ビルバオ・バスケットとシーズン終了までの契約を結んだ[13]

2014年10月、KKシボーナとシーズン終了まで契約、3度目の復帰を果たした[14]。しかし、2015年1月2日、シボーナを退団[15]、同日、トルコのイスタンブールBBと契約を結んだ[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PROSPECT PROFILE”. nba.com. 2015年7月19日閲覧。
  2. ^ a b Cibona brings back Markota”. euroleague.net (2008年8月14日). 2015年7月19日閲覧。
  3. ^ Menorca interested in Damir Markota”. thehoop.blogspot.jp (2008年10月26日). 2015年7月19日閲覧。
  4. ^ Significant Transactions”. nba.com. 2015年7月19日閲覧。
  5. ^ Bucks Request Waivers On Damir Markota”. RealGM Wiretap (2007年9月8日). 2015年7月19日閲覧。
  6. ^ CRO – Markota knocked out of qualifiers with meniscus injury”. 国際バスケットボール連盟 (2008年7月16日). 2015年7月19日閲覧。
  7. ^ Markota utočište pronašao kod Baždarića i Stojića” ((クロアチア語)). sportske.jutarnji.hr (2008年10月27日). 2015年7月19日閲覧。
  8. ^ Bilbao Basket brings in Damir Markota”. eurocupbasketball.com (2009年1月15日). 2015年7月19日閲覧。
  9. ^ Damir Markota potpisao za Union” ((クロアチア語)). index.hr (2010年9月1日). 2015年7月19日閲覧。
  10. ^ Damir Markota officially joins KK Zagreb”. SPORTANDO (2012年1月2日). 2015年7月19日閲覧。
  11. ^ Damir Markota signs in Turkey”. InsideHoops (2012年8月22日). 2015年7月19日閲覧。
  12. ^ Bamberg holt Kroaten Markota” ((ドイツ語)). focus.de (2013年9月27日). 2015年7月19日閲覧。
  13. ^ Damir Markota vuelve el Bilbao Basket” ((スペイン語)). bilbaobasket.biz (2013年11月25日). 2015年7月19日閲覧。
  14. ^ Damir Markota u Ciboni!” ((クロアチア語)). KKシボーナ (2014年10月17日). 2015年7月19日閲覧。
  15. ^ Cibona Zagreb officially part ways with Damir Markota”. SPORTANDO (2015年1月2日). 2015年7月19日閲覧。
  16. ^ Istanbul BSB announces Vujacic, Jenkins and Markota”. SPORTSANDO (2015年1月2日). 2015年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]