ダニエル・ピンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダニエル・ピンク: Daniel H. Pink1964年)は、アメリカ合衆国作家で、ビル・クリントン政権下のロバート・ライシュの補佐官を経て、1995年から1997年までアル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めた。その後、フリーエージェントを宣言して、ニューヨーク・タイムズワシントン・ポストなどの記事や論文を執筆している。

マンガ学』を高く評価し、2007年、日本の漫画を研究するためジャパン・ソサエティ(全米最大の日米交流団体)のメディア・フェローとして日本に滞在していた。『デキるやつに生まれかわる6つのレッスン』は全編をマンガで書き上げた(原作部のみ。作画者は別にいる)。過去刊行物の焼き直しやアンソロジーでなく、オリジナル刊行物を、漫画のみで刊行するという、思想書として類を見ない挑戦である。

主な著書[編集]

  • 『フリーエージェント社会の到来』解説: 玄田有史
  • 『ハイ・コンセプト』日本語訳:大前研一
  • 『モチベーション3.0』日本語訳:大前研一
  • 『人を動かす、新たな3原則』日本語訳:神田昌典
  • 『ジョニー・ブンコの冒険 デキるやつに生まれかわる6つのレッスン』解説:吉本佳生

外部リンク[編集]