ダッチ・ベイビー・パンケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダッチ・ベイビー・パンケーキ
Dutch Babies.jpg
家庭のキッチンで調理された小型のダッチ・ベイビー
別名 ジャーマン・パンケーキ、ビスマルク、ダッチ・パフ
種類 プディング
発祥地 アメリカ合衆国
主な材料 食用卵小麦粉牛乳バニラシナモン
テンプレートを表示
レモンスライス、粉糖、バター、付け合わせのベーコンと共に供されたダッチ・ベイビー
オーブンから出されたダッチ・ベイビー・パンケーキ

ダッチ・ベイビー・パンケーキ: Dutch baby pancake)は、通常は朝食に出される甘いポップオーバーである[1]ジャーマン・パンケーキ[2](German pancake)、ビスマルク(Bismarck)、ダッチ・パフ(Dutch puff)とも呼ばれる。ドイツのプファンクーヘンに由来する。

概要[編集]

ダッチ・ベイビー・パンケーキは食用卵小麦粉砂糖牛乳から作られ、大抵はバニラシナモンで風味付けされるが、果物や香味料を加えることもある。鋳鉄製または金属製のパンで焼かれ、オーブンから出した直後に外される。一般的に搾りたてのレモン、バター、粉糖、果物のトッピング、シロップと共に供される。基本の生地は卵1個につき小麦粉1/3カップ、牛乳1/3カップである。

雑誌Sunsetによれば[3]、ダッチ・ベイビー・パンケーキは、Victor Mancaが所有するワシントン州シアトルの家族経営のレストランManca's Cafeで1900年代の前半に導入された[4]。これらのパンケーキはドイツのパンケーキ料理に由来するものの、「ダッチ・ベイビー」という名称はVictor Mancaの娘の一人によって命名されたと言われている。1942年、Manca's Cafeはダッチ・ベイビーの商標を取得したが、カフェは1950年代に閉店した[要出典]

「ダッチ」(Dutch)という仇名はペンシルベニア・ダッチとして知られるドイツ系アメリカ人移民の集団を指し、「ダッチ」はドイツの自称である「deutsch」の転訛である[5]

ダッチ・ベイビーは朝食に特化した一部のダイナーやチェーンの名物である。こういった店にはオレゴン州発のオリジナルパンケーキハウス英語版ニューイングランド発のBickford's英語版がある。どちらの店もプレーンのダッチ・ベイビーとリンゴのスライスを含むベイビーアップルと呼ばれる似たパンケーキを両方作っている。これらはしばしばデザートとして食される。

David Eyre's pancakeはダッチ・ベイビー・パンケーキの一種であり、アメリカの作家、編集者David W. Eyre(1912-2008)に因んで名前が付けられている。

脚注[編集]

  1. ^ Emma Christensen, TheKitchn.com. “Dutch baby, the love child of the breakfast table”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/lifestyles/food/sns-food-recipe-dutch-baby-pancakes-story.html 2016年10月12日閲覧。 
  2. ^ Hirtzler, Victor (1919). The Hotel St. Francis Cook Book. p. 381. http://digital.lib.msu.edu/projects/cookbooks/books/hotelstfrancis/hosf.html 2014年1月29日閲覧。 
  3. ^ "Dutch baby pancakes," Sunset (magazine), February 1960.
  4. ^ Mark (2008年1月27日). “History of Manca's Cafe”. manca's cafe. 2016年10月12日閲覧。
  5. ^ Albala, Ken (2013). Pancake: A Global History. Reaktion Books. p. 10. ISBN 9781780232379. http://books.google.com/books?id=yVXqAQAAQBAJ&pg=PA10 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]