タワー六兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タワー六兄弟(タワーろくきょうだい)[1][2][3]は、日本の建築構造家内藤多仲によって1950年代から1960年代にかけて設計された以下の6つのタワーの総称である。

(竣工順)

概要[編集]

第二次世界大戦後の1950年代から1960年代にかけて、北海道から九州に及ぶ日本各地に建てられた塔で、いずれも都市の中心部に位置し、展望台を有する等の共通点を有する。

兄弟であることから、各タワーは竣工順に長男、次男、三男、四男、五男、六男(末っ子)とも呼ばれる。別府タワーのイメージキャラクター「別府三太郎」は、三男に当たることから名付けられた[4]。またさっぽろテレビ塔では塔内の展示物で六兄弟全てが同塔の非公式マスコット「テレビ父さん」風にイラスト化されて紹介されている。

タワー六兄弟のうち、東京、名古屋、大阪の三大都市圏に所在する東京タワー、名古屋テレビ塔、通天閣を指して、タワー三兄弟と呼ぶことがある[1]

一覧[編集]

名称 画像 所在地 竣工年 高さ 備考
名古屋テレビ塔
Nagoya TV Tower - 01.JPG
愛知県名古屋市中区錦3丁目
久屋大通公園
1954年 180.0m 登録有形文化財(建造物)
通天閣(2代目)
通天閣.jpg
大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目
新世界
1956年 108m 登録有形文化財(建造物)
別府タワー
Beppu Tower01s5s3200.jpg
大分県別府市北浜
別府温泉
1956年 90.0m 登録有形文化財(建造物)
旧名:観光センターテレビ塔
竣工時は高さ100m[5]
さっぽろテレビ塔
Sapporo television tower 01.jpg
北海道札幌市中央区大通西1丁目
大通公園
1957年 147.2m
東京タワー
Tokyo Tower 20060211.JPG
東京都港区芝公園4丁目 1958年 332.6m 登録有形文化財(建造物)
正式名称:日本電波塔
博多ポートタワー
Hakata port tower 2011.jpg
福岡県福岡市博多区築港本町
ベイサイドプレイス博多埠頭
1964年 100.0m

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]