タラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プッリャ州のタラーリ(約3cm大)

タラーリイタリア語: taralli)は、イタリアの南部、特にカンパニア州プッリャ州の伝統的な固焼きパンである。イタリア北部でも提供されるようになってきている[1]。オリーブオイルと白ワインを生地に練り込んだ塩味のドーナッツ状のビスケットであり[1][2]発酵させないので気泡は少なく、サクッとした歯ごたえがあるのが特徴[3][4]。日本語のカタカナ表記としてはタラッリも用いられる[1][2][3][5]

指小形タラリーニタラッリーニ(tarallini)とも呼ぶ[6][7]。いずれもイタリア語の複数形からの呼び名から来ており、一個の場合は tarallo/tarallino である。 名前はギリシャ語の「トロス」(Toros、円環状)に由来すると思われる。 

タラリーニ

カンパニア州では、主に小麦粉ラード酵母アーモンド胡椒から作られる。 プッリャ州のものはやや小さく、ラードとアーモンドの代わりに、ピーナッツオイルとオリーブオイル白ワインが用いられる。他に、フェンネルの種子や唐辛子、日干しトマトを加えて味付けしたものもある。

袋詰めされてスーパーマーケットや土産物店で売られている他、レストランアンティパスト(おつまみ、前菜)としても供される。ナポリでは昔から行商されており、鉱泉水やビール、ワインを飲みながら食べる。南イタリア、ナポリでは塩味のタラーリとビールやワインとの相性は抜群と考えられている[2][5]

レシピの例[編集]

イタリアの各州によってタラッリの製法や味付けは異なる[3]。以下に一例を挙げる。

上述のようにフェンネルシードを加えたり[3]、ドライトマトを加えることもある[4]

材料の例[3][4]
作り方の例[3][4]
  1. 材料を混ぜ合わせ、練る。
  2. 直径1センチメートルほどの棒状にして、適当な長さで切って輪にする。
  3. 予熱しておいたオーブントースターで焼く。

出典[編集]

  1. ^ a b c 奥村千穂『バールのイタリア語』三修社、2009年、95頁。ISBN 9784384055535
  2. ^ a b c 『世界遺産の街を歩こう』学研パブリッシング、2012年、49頁。ISBN 9784059127369
  3. ^ a b c d e f なかの (2013年11月30日). “【初心者でも作れる】イタリア料理のプロに聞いた堅焼きパン『プーリア風タラッリ』レシピ / お酒が進みすぎるヤバい美味しさ”. Rocket NEWS24. 2020年10月18日閲覧。
  4. ^ a b c d 『ヤミーさんの3STEP COOKING』主婦の友社、2007年、92頁。ISBN 9784072564325
  5. ^ a b 河村英和 (2014年7月22日). “イタリア伝統の味!国民的ビール会社ビッラ・ペローニ”. allabout. 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ 池田律子、廣瀬智央「やみつきになる、カリカリのこうばしさ」『イタリアのおいしい旅 スローフード・ガイドブック』CCCメディアハウス〈フィガロブックス〉、2003年。
  7. ^ Yoko (2015年3月15日). “【イタリア】全部欲しい!知られざるおすすめのお土産7選”. TABIZINE. 2020年10月18日閲覧。

関連項目[編集]