タパー・ロード駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タパー・ロード駅
Tapah Road
カンパー (15.5km)
(12.0km) ビドール
所在地 マレーシアの旗 マレーシア
ペラ州タパー・ロード
所属事業者 マレーシア鉄道公社
駅コード 11600
所属路線 ウエスト・コースト線
キロ程 233.5km(バターワース起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1893年9月6日
テンプレートを表示

タパー・ロード駅 (タパー・ロードえき、マレー語:Tapah Road Railway Station) は、マレーシアペラ州タパー・ロードにある、マレー鉄道ウエスト・コースト線である。

概要[編集]

KTMインターシティの一部の列車(シャトル・トレインは全列車)が停車する。

本線より先に開業し、当駅より分岐していたトゥルッ・アンソン支線(タパ・ロード~トゥルッ・アンソン間)は、1980年代に廃止された。

歴史[編集]

  • 1893年9月6日 - 駅開業(トゥルッ・アンソン支線バトゥ16~タパー・ロード間の開業による)
  • 1894年9月29日 - 開業(タラム~タパー・ロード

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線をもつ地上駅である。駅舎は東側にあり、下りホームに面している。上りホームとは構内の跨線橋で結ばれている。

のりば
1 ウエスト・コースト線(下り) クアラ・ルンプールシンガポール方面
2 ウエスト・コースト線(上り) バターワースイポー方面

駅周辺[編集]

関連項目[編集]