手研耳命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タギシミミから転送)
移動: 案内検索
手研耳命
(たぎしみみのみこと)
続柄 神武天皇皇子
出生 不明
死去 神武天皇76年(紀元前585年
不明
埋葬 不明
不明
配偶者 媛蹈鞴五十鈴媛命(神武天皇の皇后
父親 神武天皇(初代天皇
母親 吾平津姫
テンプレートを表示

手研耳命(たぎしみみのみこと、生年未詳 - 神武天皇76年(紀元前585年))は、古墳時代皇族神武天皇の皇子。母は、吾平津姫で、同母弟に岐須美美命(ただし古事記のみ登場)が、異母弟に綏靖天皇神八井耳命彦八井耳命がいる。神武天皇の崩御後、父神武天皇の正妻媛蹈鞴五十鈴媛命を妻にし、彼女と神武天皇の間に生まれた3人の異母兄弟を弑逆しようと計画していたため、そのうちの神八井耳命と神渟名川耳尊(のちの綏靖天皇)に殺された。


タギシミミの反逆[編集]

詳細はタギシミミの反逆を参照。