上牧町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
かんまきちょう
上牧町
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
北葛城郡
団体コード 29424-1
法人番号 9000020294241
面積 6.14 km²
総人口 21,721
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 3,540人/km²
隣接自治体 香芝市
北葛城郡王寺町河合町広陵町
町の木 まき(槙)
町の花 ゆり
上牧町役場
町長 今中富夫
所在地 639-0293
奈良県北城郡上牧町上牧3350番地
北緯34度33分45.7秒東経135度43分0秒
Kanmaki Town Office, Nara pref01.JPG
外部リンク 上牧町ホームページ

上牧町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

上牧町(かんまきちょう)は奈良県北葛城郡の町。奈良県北西部に位置する。

地理[編集]

奈良盆地の西部、馬見丘陵のほぼ中心に位置する。奈良市へは北東約20km、大阪市へは約25kmの距離にある。

町域・郵便番号[編集]

  • 639-0201 片岡台 (かたおかだい) 1丁目~3丁目
  • 639-0215 葛城台 (かつらぎだい) 1丁目~5丁目
  • 639-0214 上牧 (かんまき)
  • 639-0202 桜ケ丘 (さくらがおか) 1丁目~3丁目
  • 639-0205 下牧 (しもまき)
  • 639-0205 下牧 (しもまき) 1丁目~7丁目
  • 639-0216 松里園 (しょうりえん) 1丁目~3丁目
  • 639-0211 滝川台 (たきがわだい) 1丁目~2丁目
  • 639-0203 友が丘 (ともがおか) 1丁目~2丁目
  • 639-0217 中筋出作 (なかすじしゅつさく)
  • 639-0212 服部台 (はっとりだい) 1丁目~5丁目
  • 639-0204 緑ケ丘 (みどりがおか) 1丁目~2丁目
  • 639-0213 米山台 (よねやまだい) 1丁目~6丁目
  • 639-0206 ゆりが丘 (ゆりがおか) 1丁目
  • 639-0218 ささゆり台 (ささゆりだい) 1丁目~3丁目

人口[編集]

Demography29424.svg
上牧町と全国の年齢別人口分布(2005年) 上牧町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上牧町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
上牧町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 4,483人
1975年 11,499人
1980年 16,452人
1985年 18,826人
1990年 21,336人
1995年 23,811人
2000年 24,005人
2005年 24,953人
2010年 23,728人
2015年 22,054人
総務省統計局 国勢調査より

奈良県統計 上牧町の人口

  • 2007年10月1日現在 : 24,475人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : -1.0%

歴史[編集]

古代、大和国下郡の地。 「上牧」の名の由来は、当町が緩やかな丘陵地帯で放牧に適した土地であったことからその名がついたとされている。戦国期には下牧地区に片岡城が築かれた。 1960年代より西大和ニュータウンの開発が始まり、西名阪道路の開通も相まって、人口が急増。近年では友が丘・緑ケ丘・葛城台などの新しい住宅地も開発されているが、先述の西大和ニュータウン区域(特に開発が早かった片岡台周辺)では住民が高齢化しており、人口そのものはほぼ横ばい状態となっている。しかし、人口密度は依然高く、奈良県で大和高田市に次いで第二位である。

沿革[編集]

  • 1869年明治2年)6月 - 版籍奉還により、上牧村・下牧村の2村と中筋出作が、それまでの郡山藩に引き続き、郡山県の治下に入る。
  • 1871年(明治4年)11月 - 廃藩置県により、奈良県が成立。上牧村・下牧村と中筋出作は奈良県下郡の下に置かれる。
  • 1888年(明治21年)8月 - 県から町村合併案を示されるが、上牧村は片岡村(北は上牧村から南は良福寺村まで)となり、下牧村は王寺村となっていたことに両村が反対。上牧・下牧・中筋出作の合併案を上申した。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、前記上申通り、下郡上牧村・下牧村・中筋出作の区域をもって上牧村が発足。村役場として、それまでの戸長役場(大字上牧378番地)があてられる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 下郡上牧村の所属郡が城郡に変更。
  • 1919年大正8年)9月 - 上牧村役場が大字上牧378番地(南上牧)から大字上牧1875番地(三軒屋)に移転する。
  • 1953年昭和28年)4月 - 村が財政再建団体に指定される。
  • 1972年(昭和47年)12月1日 - 上牧村が町制施行して上牧町となる。
  • 1975年(昭和50年)8月 - 町役場新庁舎が現在の場所に開庁する。

町域の変遷[編集]

明治22年 明治29年 昭和47年 現在
奈良県
葛下郡 北葛城郡
上牧村 上牧町

行政[編集]

なお、衆議院議員選挙の選挙区は「奈良県第2区[3]、奈良県議会議員選挙の選挙区は「北葛城郡選挙区」(定数:3)となっている[4]

経済[編集]

商業施設[編集]

※2013年10月11日オープン[5]。県内では大和郡山店大和郡山市田中町)に次いで2店目。
  • ニトリアピタ西大和店(上牧/アピタ西大和店内) - ユーホーム西大和店撤退後の跡地に2016年9月開店
  • ケーズデンキ西大和店(上牧/アピタ西大和店内)
  • Joshin 上牧店(上牧)
  • コメリ ハード&グリーン上牧店(上牧)
  • レインボープラザ西大和(服部台)
  • サンディ奈良上牧店(片岡台/セントラルヒルズ西大和)

金融機関[編集]

※平成26年8月に服部台から移転。

日本郵政グループ[編集]

(※2014年6月現在)

  • 西大和片岡台郵便局(片岡台) - ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局。
  • 西大和まきのは郵便局(下牧) - ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局。
  • 上牧簡易郵便局(上牧)
  • 上牧西簡易郵便局(中筋出作)

上牧町内全域の集配業務は香芝郵便局香芝市下田西)が担当している。

地域[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

  • 2005年3月、奈良県立上牧高等学校が同信貴ケ丘高等学校と合併し、西和清陵高校となる。西和清陵高校の校舎は旧信貴ケ丘高校の物を使用するため、上牧町からは高校は無くなった。
  • 校舎は県立西和養護学校として使用されている。

中学校[編集]

  • 上牧町立上牧中学校
  • 上牧町立上牧第二中学校

小学校[編集]

  • 上牧町立上牧小学校
  • 上牧町立上牧第二小学校
  • 上牧町立上牧第三小学校

特別支援学校[編集]

  • 奈良県立西和養護学校

隣接する自治体[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

  • 町内に鉄道路線およびはない。

バス[編集]

  • 路線バス
王寺駅五位堂駅と町内各地を結ぶ路線が運行されている。また、片岡台地区から大輪田駅へ向かうバスが平日に一日1本だけ運行されている。なお、当町から近い駅として志都美駅が挙げられるが、向かうバス路線は存在せず、アクセスするための道路も狭隘であるため、前述の駅よりも利用者は少ない。
  • 夜行高速バスやまと号(京成バスと共同運行)
上牧町役場前・片岡台三丁目⇔本厚木駅横浜駅京成上野駅東京ディズニーリゾート西船橋駅津田沼駅

道路[編集]

有料道路[編集]

県道[編集]

上牧町出身の有名人[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

片岡城本丸跡

主な宗教施設[編集]

神社[編集]

寺院[編集]

城跡[編集]

その他観光スポット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 町議会紹介 上牧町ホームページ
  2. ^ “平成27年4月26日執行 上牧町議会議員選挙開票結果” (プレスリリース), 上牧町選挙管理委員会, (2017年4月26日), http://www.town.kanmaki.nara.jp/pdf/senkyo/kss-2015.pdf 2017年8月21日閲覧。 
  3. ^ 2017年の区割変更により3区から変更となった
  4. ^ 選挙区と定数 奈良県選挙管理委員会
  5. ^ 10/11(金)「アピタ西大和店」グランドオープン (PDF) - ユニー株式会社、2013年9月27日

外部リンク[編集]