タイガーモス号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイガーモス号(タイガーモスごう、英語表記:Tiger Moth)とは、アニメ映画天空の城ラピュタ』に登場する飛行船。空中盗賊ドーラ一家の母船として使用される。開発者はドーラの亡き夫。名称の“タイガーモス(tiger moth)”は蛾の一種である『ヒトリガ(灯盗蛾)』の意。

船体について[編集]

小説版の描写によれば船体構造はガス嚢をフレームと外皮で包んだ硬式飛行船であり、ガス嚢と主翼先端のメインローターで浮力を制御している。ガス嚢は船体内部に7つあり、3つまでなら損傷しても航行が可能である。メインローターと主翼はティルト式になっており、角度を変えることで垂直上昇やホバリング、高速航行などを自在に行える。動力は小説版では焼玉エンジンとされ、広い機関室内には駆動系の歯車がむき出しになっている。高速で飛行する際は機関室のレバーでクラッチを操作することで船体後部にある四重反転プロペラを駆動させる。船体後部には大きな垂直尾翼があり、海賊のシンボルマークである髑髏(ジョリー・ロジャー)が描かれている。船体の大部分は木と布で出来ており固有武装や装甲はなく、もっぱら空賊団の移動とフラップター輸送用の空中母船であり、劇中で空中戦艦ゴリアテに遭遇した際にも逃げるしかなかった。なお、速力は小説版によると軍の最新鋭艦には劣るものの、いまだそれに次ぐとされている。

ブリッジは船体から渡り廊下兼用のフレームを介して前方に張り出した位置にあり、横に長い筒状。中央に進行方向に向かって円錐状に伸びたノーズコーンがあり、全体的に鳥の顔に似ている。ノーズコーンの左右にガラス窓があり、パイロットは右を、司令官は左の窓を覗く形になる。ブリッジ中央には無線機器があり、通信の傍受もここで行われている。

メインゴンドラは居住区画になっており、デッキで後部の機関室とつながっている。またメインゴンドラの下部はフラップターの格納庫になっている。各ブロックの通信手段は伝声管を用いている。小型の船体ながら部屋の数は多く、劇中ではドーラの私室、厨房、ハンモックを吊った食堂兼寝室、機関室などが描かれている。

船体上部とブリッジの上部に見張り台があり、夜間は交代で見張りをする。船体上部の見張り台へは船体の外側に取り付けられたハシゴでしか移動できない。またこれは分離式になっており、見張り台内部のハンドルを操作して凧の翼を展開した後、ブリッジからの遠隔操作で母船から分離、上昇し、母船よりも高々度からの偵察ができるようになる。分離すると伝声管が使用できなくなるため、ブリッジとの通信は船内電話に切り替えられる。分離中は鋼鉄のワイヤーが伸びて母船と繋がれているが、一度分離すると悪天候時の収容や再結合は不可能。見張り台には独立した操縦装置があり、ワイヤーが断たれてもグライダーとしての飛行ができる。

母艦能力[編集]

船体下部に海賊たちの乗る飛行機械フラップターの格納庫を備え、空中での発進、回収機能を持っている。帰還時には格納庫内の人間による誘導でフラップターが船体下部後方から接近し、回収用のフックが左右に来る位置でフラップターを捕まえ、そのままレールに乗せ格納庫奥まで押し込む。その後、フックは次のフラップターを回収するため先の位置に戻る。発艦時はレール上を滑らせて後ろ向きに発進させる。

スペック[編集]

全長(m) 42
全高(m) 20
全幅(m) 54
巡航速度 35ノット(約65km/h)
最高速 72ノット(約133km/h)
航続距離(km) 3,820 (無風巡航時)

劇中での活躍[編集]

物語冒頭にてシータを乗せた遊覧飛行船を襲うべくフラップター隊を出撃させ、その後はパズー達の住む鉱山の上空付近で待機していたと思われる。パズーがドーラと共にシータを取り返した後はドーラが二人を船内に迎え入れ、パズーは機関士助手、シータは給仕係として働く事になる(厨房は荒れ放題だったがシータが短時間で片付けた)。シータがもたらした情報を元にラピュタに向けて進路を取り、ゴリアテの攻撃をかわしつつ航行を続ける。そしてラピュタがあるという龍の巣へ突入しようとした矢先にゴリアテの砲撃を受けて大破。ラピュタに不時着した船はドーラ一家と共に拿捕された。最後はラピュタ崩落に伴いタイガーモス号も海へと沈んでいったが、見張り台の凧はパズーとシータがラピュタからの脱出に使用。ドーラ一家と合流後、別れた二人に譲られ、帰っていった。

参考文献[編集]