ソーシャルインパクトボンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソーシャルインパクトボンドSocial Impact BondSIB)は、社会的インパクト投資の仕組みの一つ。行政民間事業者が連携して、社会問題の解決や行政コストの削減を図るために導入された。

手法[編集]

官民連携の社会的インパクト投資の手法の一つである。行政サービスを民間のNPOや社会的事業者に委託し、民間の資金提供者から調達した資金を基に事業を行い、事業が予め合意した成果を達成した場合にのみ行政から資金提供者に報酬が支払われる。民間資金によって社会的コストを削減する事業が実施できれば、行政コストも削減されるうえ、資金提供者がリターンを受けることができるという仕組みであり、事前に設定された目標が達成されない場合、資金提供者への支払いは発生しない。対象とする社会課題の性質、施策を行う事業者、目標の設定、評価機関、そしてそれらを管理する中間支援組織のいずれもが重要な要素となる。

事例[編集]

日本国外[編集]

2010年に大幅な公費削減や業務見直しを迫られたイギリスで始まった制度[1]。現在は欧米を中心に世界16か国で60案件220億円以上の規模で実施されている。

日本国内[編集]

日本でのソーシャルインパクトボンドのパイロット事業第1号として、日本財団によって2015年4月より横須賀市特別養子縁組の推進支援を行なうパイロット事業が始まった[2][3]。日本で初めての試みということもあり、中間支援組織は日本財団が務めている。パイロット事業とは、本来、成果目標を達成した場合は行政が成功報酬を支払うが、パイロット事業では、成果目標の達成有無に関わらず行政からの支払いはない。

また、パイロット事業第2号として、同じく日本財団が中間支援組織となり、日本公文教育研究会がサービス事業者となった経済産業省委託の実証事業が、福岡市松本市をはじめとした複数の自治体で実施されることが発表されている[4][5][6]

同年7月22日には、第3弾のパイロット事業として日本財団と尼崎市の協働によってソーシャルインパクトボンドによる若者就労支援事業が実施されることが発表された[7][8]

2015年12月21日放送のNHKニュース番組「おはよう日本」に取り上げられた[9]。 2016年3月には、ソーシャルインパクトボンドを含む社会的インパクト投資および社会的インパクト評価に特化したコンサルティングサービスを提供する会社としては日本初となるケイスリー株式会社が設立された[10]

経済産業省では、ヘルスケア分野におけるソーシャルインパクトボンドの導入を推進しており、平成29年度から「成果連動型かつ複数年度契約による日本初の本格的なSIB」が複数の自治体において導入される見込みであり、その導入モデル報告会を2017年2月13日に開催した[11][12]

2017年3月、神戸市及び八王子市にて、複数年かつ成果連動型の本格的なSIB関連予算が日本で初めて成立した。平成29年度より、神戸市では糖尿病性腎症重症化予防事業において、八王子市では大腸がん検診受診事業において、SIBを活用した事業を実施することになる。案件形成は中間支援組織であるケイスリー株式会社及び公益財団法人日本財団等が関わった。[13]

脚注[編集]

  1. ^ Social Impact Investment Taskforce
  2. ^ “日本初“ソーシャル・インパクト・ボンド”パイロット事業” (プレスリリース), 日本財団, (2015年4月14日), http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2015/40.html 2015年6月20日閲覧。 
  3. ^ 吉田雄人 (2015年4月17日). “日本初!「ソーシャル・インパクト・ボンド」パイロット事業をスタートします!”. 吉田雄人オフィシャルサイト. 2015年6月20日閲覧。
  4. ^ “SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)調査事業が経産省委託事業として採択” (プレスリリース), 日本公文教育研究会, (2015年6月9日), http://www.kumon.ne.jp/press/Pp6226.html 2015年6月20日閲覧。 
  5. ^ ““ソーシャル・インパクト・ボンド”パイロット事業第2弾” (プレスリリース), 日本財団, (2015年6月9日), http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2015/61.html 2015年6月20日閲覧。 
  6. ^ “ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)実証事業が、経産省委託事業として採択----国がSIBの実証事業を行うのは日本初” (プレスリリース), 福岡地域戦略推進協議会, (2015年6月9日), http://www.fukuoka-dc.jpn.com/?p=11480 2015年6月20日閲覧。 
  7. ^ 毎日新聞社 (2015年7月17日). “尼崎市:生活保護の若者就労へ SIB試験導入、民間と支援事業 /兵庫”. 毎日新聞. 2015年7月20日閲覧。
  8. ^ ““ソーシャル・インパクト・ボンド”パイロット事業第3弾 日本財団×尼崎市 協働で若者就労支援事業を実施” (プレスリリース), 日本財団, (2015年7月22日), http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2015/69.html 2015年8月1日閲覧。 
  9. ^ NHKニュース おはよう日本(2015年12月21日)
  10. ^ ケイスリー株式会社「会社設立のお知らせ」
  11. ^ 経済産業省「平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業「ソーシャル・インパクト・ボンド導入モデル事業報告会」を開催します
  12. ^ イベントレポート(配付資料付)経済産業省主催「ソーシャル・インパクト・ボンド導入モデル事業報告会」
  13. ^ 神戸市・八王子市において、日本初となるヘルスケア領域におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)導入を前提とした予算が成立しました[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]