ソラヤ・サエンス・デ・サンタマリーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサエンス・デ・サンタマリーア第二姓(母方の)はアントンです。
ソラヤ・サエンス・デ・サンタマリーア
Soraya Sáenz de Santamaría Antón
Vicepresidenta Soraya Sáenz de Santamaría 2012 - La Moncloa (Recortada).jpg
2012年のサンタマリーア
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ自治政府首相職務代行
任期
2017年10月28日 – 2018年5月17日
首相 マリアーノ・ラホイ・ブレイ
前任者 カルラス・プッチダモン(自治政府首相)
後任者 キム・トーラ(自治政府首相)
スペインの旗 スペイン王国副首相
任期
2011年12月22日 – 2018年6月7日
首相 マリアーノ・ラホイ・ブレイ
スペインの旗 スペイン王国報道官
任期
2011年12月22日 – 2016年11月4日
首相 マリアーノ・ラホイ・ブレイ
People's Party (Spain) Logo.svg 国民党下院議会報道官
任期
2008年3月31日 – 2011年12月13日
個人情報
生誕 (1971-06-10) 1971年6月10日(48歳)
スペインの旗 スペインバリャドリッド県バリャドリッド
政党 国民党 (PP)
配偶者 ホセ・イバン・ロサ・バリェホ(2006年 - )
出身校 バリャドリッド大学

ソラヤ・サエンス・デ・サンタマリーア・アントンスペイン語: Soraya Sáenz de Santamaría Antón, 1971年6月10日 - )は、スペインバリャドリッド出身の政治家。政府報道官(スポークスパーソン)、副首相英語版カタルーニャ州政府の首相職務代行[1]などを歴任した[2]国民党(PP)所属。

経歴[編集]

弁護士時代[編集]

1971年6月11日、バリャドリッドにペドロ・サエンス・デ・サンタマリーアとペトラ・アントンの娘として生まれた[3]バリャドリッド大学法学部で法律を学び[4]、23歳の時に首席で法学の学位を取得した[5]。選抜試験を経て27歳の時に国家弁護士となった。さらにはマドリード・カルロス3世大学行政法の教員を務めている。

政治家時代[編集]

2011年
バレンシア市長(当時)のリタ・バルベラ(赤い服)とのイベントにて

2000年には国民党(PP)のマリアーノ・ラホイ議員の法律顧問となって政界進出への足がかりを作った。サエンス・デ・サンタマリーアは土地政策を専門としており、それが理由で国民党の土地・地域政策の委員長となった。さらに国民党の全国委員会のメンバーにも選ばれた[6]

2004年3月の2004年スペイン議会総選挙時には、国民党の政策綱領策定に協力した。自身は国民党の下院議会マドリード県選挙区の候補者リストの18位に登録され、国民党はマドリード県選挙区で17議席しか獲得できなかったために落選した。しかし、候補者リストの2位に登録されて下院議員に就任したロドリゴ・ラト英語版は6月に国際通貨基金(IMF)専務理事に就任するために下院議員を辞任したため、繰り上がりでサエンス・デ・サンタマリーアが下院議員に就任した。2004年から2008年の第8回スペイン議会では国民党(PP)の領土政策委員長を務めた。

2008年スペイン議会総選挙では、国民党の下院議会マドリード県選挙区の候補者リストの5位に登録されて当選した。2008年まではエドゥアルド・サパラナ英語版が国民党下院議会のスポークスパーソンを務めていたが、国民党の党首となっていたラホイは3月31日、サプラナの後任の報道官(スポークスパーソン)にサエンス・デ・サンタマリーアを任命した[7]

2011年11月の2011年スペイン議会総選挙では国民党がスペイン社会労働党(PSOE)から政権を奪い、党首のラホイが首相に就任すると、2011年12月22日にはスペイン政府副首相英語版と政府報道官(スポークスパーソン)に就任した[8][9][10][11]。就任時のサエンス・デ・サンタマリーアは40歳であり、ラホイ政権の閣僚としては最年少である[4]。さらに、2013年6月3日には首相不在下における経済問題委員会の委員長となった[12]。2014年9月23日から9月29日には暫定的に法務大臣を務め、2014年11月26日から12月3日には暫定的に保健大臣を務めた。2015年10月6日にはアンテナ3の政治バラエティ番組「エル・オルミゲロ英語版」に出演し、一発芸コーナーでは流行歌に合わせてキレのよいダンスを披露した[13]

2017年10月27日にカタルーニャ州議会が独立宣言を賛成多数で承認し[14]、中央政府はカルラス・プッチダモン州首相ら州政府幹部らを更迭。同州の直接統治に乗り出すため、サンタマリーアを州首相の職務代行に据えた[1]。2018年5月になってキム・トーラが新しい州首相に選出され、サンタマリーアは職務代行を退任した。

人物[編集]

2006年には同じく国家弁護士のホセ・イバン・ロサ・バリェホとブラジルで挙式した[15]2011年スペイン議会総選挙の選挙戦終盤の2011年11月11日、40歳で第一子となる息子が生まれた[15][16][4]。スペインでは法律で16週間の出産休暇が保証されているが、その90%を放棄して10日後には仕事に復帰しており、この選択は子どもをないがしろにしているとして批判の対象にもなった[4]。2012年には夫のロサ・バリェホがテレフォニカの顧問弁護士となった[17]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Catalan ex-leader Carles Puigdemont vows to resist takeover”. BBC News (BBC). (2017年10月28日). http://www.bbc.com/news/world-europe-41788898 2017年10月28日閲覧。 
  2. ^ Rajoy inicia la renovación del PP colocando a Sáez de Santamaría como portavoz en el Congreso”. エル・パイス (2008年3月31日). 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ Volver a Valladolid es volver a la vida de verdad”. エル・ムンド (2011年4月20日). 2016年1月10日閲覧。
  4. ^ a b c d スペイン最強の女性?”. クーリエ・ジャポン編集部ブログ (2012年1月18日). 2016年1月12日閲覧。
  5. ^ Lista para la batalla”. エル・パイス (2008年4月6日). 2016年1月10日閲覧。
  6. ^ Soraya Sáenz de Santamaría”. エル・ムンド (2006年2月8日). 2016年1月10日閲覧。
  7. ^ Rajoy inicia la renovación del PP colocando a Sáenz de Santamaría como portavoz en el Congreso”. エル・パイス (2008年3月31日). 2016年1月10日閲覧。
  8. ^ Giles, Ciaran (2011年11月21日). “Spain's new prime minister sworn in, names Cabinet”. Deseret News. AP. http://www.deseretnews.com/article/700208999/Spains-new-prime-minister-sworn-in-names-Cabinet.html 2013年6月5日閲覧。 
  9. ^ Sáenz de Santamaría y Jáuregui dirigirán el traspaso de poderes”. エル・ムンド (2011年11月21日). 2016年1月10日閲覧。
  10. ^ Real Decreto 1826/2011, de 21 de diciembre, por el que se nombran Ministros del Gobierno”. スペイン国家官報(BOE) (2011年12月22日). 2011年12月22日閲覧。
  11. ^ Real Decreto 1825/2011, de 21 de diciembre, por el que se nombra Vicepresidenta del Gobierno a doña María Soraya Sáenz de Santamaría Antón.”. スペイン国家官報(BOE) (2011年12月22日). 2011年12月22日閲覧。
  12. ^ Rajoy coloca a Sáenz de Santamaría en la Comisión de Asuntos Económicos”. エル・エコノミスタ. 2016年1月10日閲覧。
  13. ^ ¿Por qué bailan los políticos?”. エル・ムンド. 2016年1月10日閲覧。
  14. ^ “カタルーニャ州議会「独立宣言」”. ロイター (ロイター). (2017年10月27日). https://jp.reuters.com/article/idJP2017102701002281 2017年10月27日閲覧。 
  15. ^ a b Barroso, F. J. (2011年11月11日). “Soraya Sáenz de Santamaría da a luz a un niño”. 2013年1月14日閲覧。
  16. ^ Govan, Fiona (2011年11月25日). “Spanish MP with key role back to work 11 days after giving birth”. テレグラフ (Madrid). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/spain/8916146/Spanish-MP-with-key-role-back-to-work-11-days-after-giving-birth.html 2013年6月5日閲覧。 
  17. ^ Telefónica ficha como asesor jurídico al marido de Soraya Sáenz de Santamaría”. ラ・ボス・デ・ガリシア (2012年3月22日). 2012年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
カルラス・プッチダモン
(自治政府首相)
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ自治州首相
2017年-2018年
(職務代行、スペイン中央政府による直接統治)
次代:
キム・トーラ
(自治政府首相)