ソクシンラン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソクシンラン属
Aletris foliata 4.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ヤマノイモ目 Dioscoreales
: キンコウカ科 Nartheciaceae
: ソクシンラン属 Aletris
学名
Aletris L.[1]
タイプ種
Aletris farinose L.[1]
和名
ソクシンラン属(束心蘭属)[2]
  • 本文参照

ソクシンラン属(ソクシンランぞく、学名:Aletris、和名漢字表記:束心蘭属)はキンコウカ科に分類されるの1つ。

従来の新エングラー体系クロンキスト体系の分類ではユリ科に入れられていた。

特徴[編集]

多年草は根出し、葉身は線形または披針形になる。花茎が1本立ちし、穂状または総状花序がつく。花被片は白色または黄緑色で、6個あり、下部はつぼ形に合着する。雄蕊は6個、花糸は短く、葯は卵形になる。子房は中位で3室あり、下部が花筒と合着する。果実蒴果で、種子は長楕円形で小さい[3]

ヒマラヤから東アジアに約25種、北アメリカに5数種あり、日本には3種ある[4]。キンコウカ科ノギラン属 (Metanarthecium) に属するノギランをこの属とする説もあった[3]

[編集]

日本に分布する種[編集]

  • ネバリノギラン Aletris foliata (Maxim.) Bureau et Franch. -日本固有種。北海道、本州中部地方以北、四国、九州に分布する。
  • ヒメソクシンラン Aletris makiyataroi Naruh. -四国・香川県に生育[3]したが、現在は絶滅(EX)[5]
  • ソクシンラン Aletris spicata (Thunb.) Franch. -日本では、本州関東地方以西、四国、九州、琉球諸島に分布する。国外では、朝鮮半島南部、中国大陸南部、台湾に分布する。

その他の主な種[編集]

  • Aletris alpestris Diels -中国中央部に分布
  • Aletris aurea Walter -アメリカ南東部に分布
  • Aletris bracteata Northrop -アメリカフロリダ州バハマ諸島に分布
  • Aletris capitata F.T.Wang & Tang -中国四川省に分布
  • Aletris cinerascens F.T.Wang & Tang -中国雲南省広西チワン族自治区に分布
  • Aletris farinosa L. -カナダ南東部からアメリカ中部、東部に分布
  • チョウセンノギラン Aletris fauriei H.Lév. ex Nakai
  • Aletris foliolosa Stapf -スマトラ島北部、ボルネオ島北部、フィリピンミンドロ島 に分布
  • タイワンノギラン Aletris glabra Bureau et Franch. -ヒマラヤ、中国、台湾に分布
  • Aletris glandulifera Bureau & Franch. -中国中央部に分布
  • Aletris gracilis Rendle –ネパール東部から中国雲南省北西部に分布
  • Aletris laxiflora Bureau & Franch. –チベット東部から中国四川省、貴州省に分布
  • Aletris lutea Small -アメリカ南東部に分布
  • Aletris megalantha F.T.Wang & Tang -中国雲南省西部に分布
  • Aletris nana S.C.Chen -ネパール、チベット南部、中国雲南省北西部に分布
  • Aletris obovata Nash -アメリカ南東部に分布
  • Aletris pauciflora (Klotzsch) Hand.-Mazz. -ヒマラヤから中国中南部に分布
  • Aletris pedicellata F.T.Wang & Tang -中国四川省に分布
  • Aletris stenoloba Franch. -中国中央部、南部に分布
  • Aletris yaanica G.H.Yang -中国四川省に分布

ギャラリー[編集]

Aletris foliata
ネバリノギラン 
Aletris aurea 
Aletris farinosa 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Aletris, Tropicos
  2. ^ 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.49
  3. ^ a b c 『日本の野生植物 草本I単子葉類』p.34-35
  4. ^ 『改訂新版 日本の野生植物1』pp.141-142
  5. ^ ヒメソクシンラン, 日本のレッドデータ検索システム

参考文献[編集]