セントラル山系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セントラル山系
LA SERROTA.JPG
所在地 スペインの旗 スペインエストレマドゥーラ州カスティーリャ=ラ・マンチャ州カスティーリャ・イ・レオン州ポルトガルの旗 ポルトガルグアルダ県カステロ・ブランコ県
位置 北緯40度14分48秒 西経01度46分53秒 / 北緯40.24667度 西経1.78139度 / 40.24667; -1.78139座標: 北緯40度14分48秒 西経01度46分53秒 / 北緯40.24667度 西経1.78139度 / 40.24667; -1.78139
最高峰 アルマンソール峰(2592m
種類 アルプス造山運動第三紀
Sistema Central.png
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

セントラル山系Sistema Central)は、イベリア半島中央部を東西に走る山系。スペインの3自治州とポルトガルの3県にまたがっており、グアダラマ山脈等を内包する。最高峰は標高2,592mのアルマンソール峰

地理[編集]

北緯40度線のすぐ北側にあり、ドゥエロ川(ドウロ川)の流域とタホ川(テージョ川)の流域を隔てている。東西485km、南北90km。

地勢[編集]

セントラル山系はイベリア半島中央部の広大な台地であるメセタにおいて際立った地形であり、この山系はメセタをカスティーリャ・イ・レオン州などの北メセタスペイン語版カスティーリャ=ラ・マンチャ州などの南メセタスペイン語版に二分している。山系は東北東から西南西の向きに伸びており、西端はスペイン=ポルトガル国境を超えてポルトガル領に至っている。学術用語としては「セントラル山系」という単語が用いられるが、地元住民はより小さな範囲でこの山系に言及することが一般的である。

地質[編集]

はっきりと共通な岩石組成や全体的な構造を持たないイベリコ山系とは異なり、セントラル山系の岩石組成はとても均質である。約2,500万年前のアルプス造山運動期に形成されたいくつかの地形で構成されている。

山脈・山地[編集]

主要な山脈・山地にはグアダラマ山脈があり、この山脈はマドリード州とカスティーリャ・イ・レオン州の州境となっている。グアダラマ山脈の西側にはグレドス山脈があり、この山脈はカスティーリャ・イ・レオン州とカスティーリャ=ラ・マンチャ州、エストレマドゥーラ州の州境に沿っている。グレドス山脈にはセントラル山系の最高峰であるアルマンソール峰(2,592m)がある。

さらに西側のエストレーラ山脈はその大半がポルトガル領にある。ポルトガルの最高峰は大西洋に浮かぶアゾレス諸島ピコ島のピコ山(2,351m)であるが、エストレーラ山地のトーレ英語版(1,993m)はポルトガルのイベリア半島部分における最高峰である。その他の主要な山地にはガタ山地英語版アイリョン山地英語版がある。

セントラル山系の東端はペーラ山地スペイン語版アルトス・デ・バラオーナスペイン語版ミニストラ山地スペイン語版などであり、これらの山地はイベリコ山系との遷移地帯にある[1]

山脈・山地の一覧[編集]

西から東の順に記した。

脚注[編集]

文献[編集]

外部リンク[編集]