アルプス造山運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南ヨーロッパ、中東のテクトニクス地図

アルプス造山運動(アルプスぞうざんうんどう)は中生代後期[1]から新生代におけるアルピド帯の造山運動。西から順にアトラス山脈リーフベティコ山系カンタブリア山脈ピレネー山脈アルプス山脈アペニン山脈ディナル・アルプス山脈ピンドス山脈カルパティア山脈バルカン山脈リラ-ロドピ山塊ポントス山脈トロス山脈アルメニア高原コーカサス山脈アルボルズ山脈ザグロス山脈ヒンドゥークシュ山脈パミール高原カラコルム山脈ヒマラヤ山脈が含まれる[2]

アルプス造山運動は、南イングランド英語版、北フランスのウィールド-アルトワ背斜英語版や、南イングランドのノースダウンズ英語版サウスダウンズ英語版の白亜の山背などの離れた地域かつ小規模な地理的特徴を引き起こした。特にチョーク累層英語版始新世の地層がほぼ垂直に褶曲しているワイト島アラム湾英語版ホワイトクリフ湾英語版ラルワース・コーブ英語版付近にあるドーセット沿岸の露頭において顕著に見られる[3]。アルプス造山運動の圧力により新生代のズデーテン山地の隆起が起きており[4]暁新世における南スウェーデンのオーランド断層も形成した可能性がある[5]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Moores, E.M., Fairbridge, R.W. (Editors), 1998: Encyclopedia of European and Asian Regional Geology. Encyclopedia of Earth Sciences Series, London, 825 pp.
  2. ^ Petrović, Dragutin; Manojlović, Predrag (2003) (Serbian). Geomorfologija. Belgrade: University of Belgrade Faculty of Geography. pp. 60. ISBN 86-82657-32-5 
  3. ^ Parrish, Randall R.; Parrish, Claire M.; Lasalle, Stephanie (May 2018). “Vein calcite dating reveals Pyrenean orogen as cause of Paleogene deformation in southern England”. Journal of the Geological Society 175 (3): 425–442. doi:10.1144/jgs2017-107. ISSN 0016-7649. http://jgs.lyellcollection.org/lookup/doi/10.1144/jgs2017-107. 
  4. ^ Migoń, Piotr (2011). “Geomorphic Diversity of the Sudetes - Effects of the structure and global change superimposed”. Geographia Polonica 2: 93–105. 
  5. ^ Goodfellow B.W.; Viola G.; Bingen B.; Nuriel P.; Kylander-Clark A. (2017). “Palaeocene faulting in SE Sweden from U–Pb dating of slickenfibre calcite”. Terra Nova 00 (5): 321–328. doi:10.1111/ter.12280.