セルゲイ・ゴリアエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セルゲイ・ゴリアエフ
基本情報
本名 セルゲイ・ゴリアエフ
(Sergey Golyaev)
通称 ロシアの蹴撃王
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1981-11-03) 1981年11月3日(36歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
レニングラード州サンクトペテルブルク
所属 レッドデビル・スポーツクラブ
→アクションフォース/MMA BUSHIDO
→APプロモーション
身長 183cm
体重 73kg
階級 ライト級
バックボーン ムエタイサンボ
テンプレートを表示

セルゲイ・ゴリアエフロシア語: Сергей Голяев英語: Sergey Golyaev1981年11月3日 - )は、ロシア男性総合格闘家キックボクサーレニングラード州サンクトペテルブルク出身。APプロモーション所属。現Bushido FCライト級王者。

来歴[編集]

ムエタイで60戦を超す戦績を残し、ロシア国内王座にも就いた。2001年総合格闘技デビューし、M-1 MFCトーナメントで優勝を果たした[1]

2008年11月1日、戦極初参戦となった戦極 〜第六陣〜で元PRIDEライト級(-73kg)王者の五味隆典と対戦。1ラウンドはテイクダウンを奪われ寝技で攻め込まれるものの、2ラウンドにパンチでダウンを奪う。3ラウンドは五味の反撃を凌ぎ、2-1の判定で勝ちを収めた。

2009年1月4日、戦極の乱2009光岡映二と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2009年2月23日、K-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2009佐藤嘉洋と対戦し、ローキックで3度のダウンを奪われKO負け。

2009年11月28日、ロシアサンクトペテルブルクで開催されたBushido FCライト級トーナメントで優勝を果たした。

2010年10月16日、United GloryのMMAワールドシリーズ1回戦でジョン・アレッシオと対戦し、チキンウィングアームロックで一本負けを喫した[2]

2012年6月8日、Bushido FCライト級王座決定戦でクアット・カミトフと対戦し、肩固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
28 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 3 10 5 0 0 0
10 0 8 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
クアット・カミトフ 2R 0:36 肩固め Bushido Lithuania vol. 51
【Bushido FCライト級王座決定戦】
2012年6月8日
× オレグ・バゴフ 1R 4:54 チョークスリーパー ProFC: Union Nation Cup 11 2010年12月25日
× ルスラン・ケレフサエフ 5分2R終了 判定0-3 Draka: Governor's Cup 2010 2010年12月18日
× ジョン・アレッシオ 2R 1:51 チキンウィングアームロック United Glory 12
【MMAワールドシリーズ 1回戦】
2010年10月16日
イヴァン・ブッヒンゲル 1R 0:20 KO(パンチ) APF: Azerbaijan vs. Europe 2010年5月22日
アルティオム・ダムコフスキー 5分3R終了 判定2-1 Bushido FC: Legends
【ライト級トーナメント 決勝】
2009年11月28日
ダニー・ベルゲン 1R 4:57 TKO(パンチ連打) Bushido FC: Legends
【ライト級トーナメント 1回戦】
2009年11月28日
シャミル・ザギロフ 1R 2:30 腕ひしぎ十字固め ProFC: Union Nation Cup 2 2009年9月25日
× 光岡映二 1R 4:22 腕ひしぎ十字固め 戦極の乱2009 2009年1月4日
五味隆典 5分3R終了 判定2-1 戦極 〜第六陣〜 2008年11月1日
アレクサンドル・ダリシュニー 2R 2:20 TKO(パウンド) Shooto Russia: Against The War 2008年9月26日
ウラジミール・ソロカ 5分2R終了 判定 Fire of Persevit 2006年12月2日
トーマス・ヒッテン 5分3R終了 判定3-0 ZST: Prestige 2006年9月23日
ルスタム・クラエフ 1R 2:40 腕ひしぎ十字固め M-1 MFC: New Blood 2005年10月1日
× カート・ペレグリーノ 1R 3:24 肩固め Euphoria: USA vs. Russia 2005年5月14日
× ファージェル・ヴィント 3R チョークスリーパー JE: Holland vs. Russia 2005年4月24日
パヴェル・レスコ 1R 2:15 腕ひしぎ十字固め M-1 MFC: International Fight Night 2005年2月5日
サイード・ハリロフ 1R 1:14 チョークスリーパー M-1 MFC: Heavyweight GP 2004年12月4日
× ヨアキム・ハンセン 1R 3:24 チョークスリーパー Euphoria: Road to the Titles
【ライト級トーナメント 1回戦】
2004年10月15日
ドミトリー・メグロビャン 三角絞め M-1 MFC: Mix-Fight 2004年5月21日
× リッチ・クレメンティ 2R 3:43 三角絞め Euphoria: Russia vs. USA 2004年3月13日
× ユーリ・イヴレフ 1R 2:35 チョークスリーパー M-1 MFC: Russia vs. The World 6 2003年10月10日
セルゲイ・パシェンコ 5分2R終了 判定3-0 M-1 MFC: Russia vs. Ukraine 2003年6月17日
マゴメド・ヒメロフ 1R 1:43 アームロック M-1 MFC: Russia vs. The World 5
【決勝】
2003年4月6日
セルゲイ・ベツスキー 1R 1:43 腕ひしぎ十字固め M-1 MFC: Russia vs. The World 5
【1回戦】
2003年4月6日
× コリン・マンスール 5分2R終了 ポイント0-1 Free Fight Holland: Free Fight Explosion 2 2002年6月23日
ラシム・カスモフ 1R 2:45 チョークスリーパー M-1 MFC: Exclusive Fight Night 3 2001年9月27日
マトヴェイ・ペレシヴァイロ 1R 2:10 腕ひしぎ十字固め M-1 MFC: Exclusive Fight Night 2 2001年6月28日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 佐藤嘉洋 2R 1:18 KO(右ローキック) K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜 2009年2月23日

獲得タイトル[編集]

  • M-1 MFCトーナメント 優勝(2003年)
  • Bushido FCライト級トーナメント 優勝(2009年)
  • Bushido FCライト級王座(2012年)

表彰[編集]

  • SHERDOG アップセット・オブ・ザ・イヤー(2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]