ズビグニェフ (ポーランド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ズビグニェフ王

ズビグニェフZbigniew1070年? - 1112年)は、ポーランド大公ポーランド王に列せられている)。

1070年頃、ヴワディスワフ1世ヘルマンの第一子として生まれた。母親は氏名不詳の愛妾であり、ズビグニェフは宮廷から遠ざけられ、12年あまりをドイツのクエドリンブルク修道院で過ごした。1093年、彼は父と敵対する強力なヴォイヴォド、シエチェクによってポーランドへ連れてこられた。1098年、ズビグニェフと異母弟ボレスワフは、シエチェクを流刑にした父親より優勢となり、父からそれぞれ領土を分割して与えられた。1102年から1106年(または1107年)の間、ズビグニェフはポーランド大公であった。

1107年、ズビグニェフは異母弟ボレスワフ3世によって国から追放され、神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の支援を求めてドイツへ逃げた。1109年に行われた皇帝のポーランド遠征にズビグニェフも加わるが、フントシュベルトの戦いでボレスワフ3世に退けられた。

1112年、ズビグニェフは罠だと知らずにポーランドへおびき寄せられた。彼は両目を潰されてのち死んだという。