シェモヴィト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シェモヴィト

先代 ポピェル
次代 レステク

王室 ピャスト朝
父親 ピャスト
母親 ジェピハ
子女
レステク
信仰 スラヴ人のペイガニズム英語版
テンプレートを表示

シェモヴィト (ポーランド語: Siemowit [ɕɛˈmɔvit]) またはジェモヴィト (ポーランド語: Ziemowit [ʑɛˈmɔvit]) は、ガル・アノニムによれば、ピャストジェピハ英語版の間の息子。ピャスト朝の初代君主と見なされている[1]

事績[編集]

9世紀、伝説的なポーランド人の公であるポピェルの後、ホシュチスコ英語版の子ピャストが次の公の候補となった。しかしピャストが断ったので、その息子シェモヴィトがヴィエツ(民会)で推戴され公に即位した[2]。よく知られている伝説として、この後にポピェルはゴプウォ湖の塔でネズミに食い殺されたという[3]

子孫[編集]

シェモヴィトと息子レステク英語版、孫シェモムィスウ英語版に関する記述は、中世のガル・アノニムの年代記にのみ記述がみられる[4]

シェモヴィトの曽孫ミェシュコ1世は、ポーランドの君主として初めてキリスト教を受容した。

脚注[編集]

  1. ^ K. Jasiński, Rodowód pierwszych Piastów, p. 47.
  2. ^ Janusz Roszko (1980). Kolebka Siemowita. 170. ISBN 978-83-207-0090-9. https://books.google.com/books?id=4tNBAAAAYAAJ 2012年2月29日閲覧。 
  3. ^ Jan Bondeson (2000). Two-Headed Boy, and Other Medical Marvels. Cornell University Press. pp. 91–2. ISBN 978-0-8014-8958-7. https://books.google.com/books?id=qHQNw69S-9cC&q=Popiel&pg=PA92 
  4. ^ (英語、ラテン語) Gallus Anonymus; Knoll, Schoer; Bisson, Schaen (10 May 2003). The Chronicles and Deeds of the Dukes or Princes of the Poles. Central European University Press. pp. 17–22. ISBN 978-963-9241-40-4. https://books.google.com/books?id=Xr0nW9ChZl0C&q=Popiel&pg=PA17 

関連項目[編集]