クヤヴィ・ピャスト家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴワディスワフ短躯王

クヤヴィ・ピャスト家(Piastowie kujawscy)は、ポーランドピャスト家の分枝の一つ。カジミェシュ2世正義公の孫の一人であるクヤヴィ公カジミェシュ1世を始祖とする。マゾフシェ・ピャスト家から分かれ、クヤヴィ公国を領有した。

クヤヴィ公カジミェシュ1世の息子たちのうち、レシェク2世黒公とヴワディスワフ1世短躯王はポーランド君主クラクフ公)の地位についた。ヴワディスワフ1世は1320年、ポーランド国王として戴冠し、その王位を息子カジミェシュ3世大王に引き継がせることに成功した。しかし1370年、カジミェシュ3世大王が男子を残さずに死ぬと、ポーランド王位はアンジュー家出身のハンガリー王ラヨシュ1世にわたり、以後ピャスト家の王子たちがポーランド王位を獲得することは二度となかった。クヤヴィ・ピャスト家は1388年、グニェフコヴォのヴワディスワフ白公の死により断絶した。


          Δ
カジミェシュ1世
1210/1213年 - 1267年
         
                                       
                                       
レシェク2世
1240/1243年 - 1288年
ジェモミスウ
1245/1248年 - 1287年
  ヴワディスワフ1世
1260年 - 1333年
カジミェシュ2世
1262/1265年 - 1294年
シェモヴィト
1265年頃 - 1312年頃
エウフェミア
1265年頃 - 1308年
                                       
                                       
    クネグンダ
1295年 - 1331から1333年の間
ステファン
1296/1300年 - 1306年
ヴワディスワフ
1296/1311年 - 1312年
エルジュビェタ
1305年 - 1380年
ヤドヴィガ
1306/1309年 - 1320/1325年
カジミェシュ3世
1310年 - 1370年
     
                                       
                                       
エウフェミア
1268/1278年 - 1278年以前
フェネンナ
1268/1277年 - 1295年
レシェク
1276年頃 - 1339/1343年
コンスタンツィア
1268/1280年 - 1331年
プシェミスウ
1277/1280年 - 1338/1339年
カジミェシュ
1280/1284年 - 1347/1350年
    レシェク(?)
1300年頃 - 1314年頃
ヴワディスワフ
1300/1305年頃 - 1351/1352年
ボレスワフ
1303/1306年頃 - 1327/1328年
                                       
                                       
エルジュビェタ
1315/1323年頃 - 1353年以後(1373年?)
ヴワディスワフ
1330年 - 1388年
他子供数人(夭死)      
                                       
                                       
  エルジュビェタ
1326/1332年 - 1361年
クネグンダ
1327/1335年 - 1357年
アンナ
1366年から1367年の間 - 1425年
クネグンダ
1366/1369年 - 1369/1370年
ヤドヴィガ
1369/1370年 - 1380年以後
ニェミェジャ(庶子)
1340年以後 - 1386年
ヤン(庶子)
1340年以後 - 1383年以後
ペウカ(庶子)
1340年以後 - 1370年