スペインアイベックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スペインアイベックス
シエラネバダアイベックス
シエラネバダアイベックス Capra pyrenaica hispanica
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
下目 : Pecora
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ヤギ亜科 Caprinae
(もしくはAntelopinae)
: (ヤギ族 Caprini)
: ヤギ属 Capra
: スペインアイベックス C. pyrenaica
学名
Capra pyrenaica Schinz, 1838[2]
和名
スペインアイベックス[2]
英名
Iberian ibex、Spanish ibex、Spanish wild goat、Iberian wild goat
Spanish Ibex.jpg
分布図

スペインアイベックスCapra pyrenaica)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ウシ科ヤギ属に分類される偶蹄類。

英名はIberian ibexSpanish ibexSpanish wild goatIberian wild goatなど[3]

分布[編集]

スペイン[1]。アンドラ、フランスでは絶滅、ポルトガルに再導入[1]

形態[編集]

体長オス130 - 140センチメートル[2]。体高オス68 - 80センチメートル、メス65 - 70センチメートル[2]。体重オス65 - 80キログラム、メス35 - 45キログラム[2]。顎鬚は少なくとも冬毛では長く、縮れずにまっすぐに伸びる[2]。オスは額や顎鬚・頸部背面の鬣・四肢の外面は黒い[2]。メスや幼獣は四肢前部が黒みを帯びる[2]

角は基部から上方へ伸び、外側後方へ向かい、先端が急に細くなり上方へ向かう[2]

分類[編集]

スペインアイベックスは4つの亜種に分類され、うち2亜種はまだイベリア半島で見られるが、2亜種はすでに絶滅した。1892年にはポルトガルアイベックス英語版(学名: Capra pyrenaica lusitanica)が絶滅し、2000年にはピレネーアイベックス英語版(ブカルド)(学名: Capra pyrenaica pyrenaica)が絶滅したのである。2003年には獣医師のフェルナンデス=アリアスがピレネーアイベックスの復活に挑戦し[4]、2003年7月にはDNAを用いたクローンが作成された。このクローンはの物理的欠陥により、誕生から数分後に死亡した[5]

以下の分類・分布・形態は今泉(1988)に従う[2]

Capra pyrenaica pyrenaica Schinz, 1838 ピレネーアイベックス
狩猟の対象とされ2000年に絶滅。
スペイン北部(カンタブリカ山脈東部、ピレネー山脈
体の黒色部が大きい。角の間の角度が大きい。
Capra pyrenaica hispanica Schimper, 1848 シエラネバダアイベックス
スペイン東部および南部(シエラネバダ山脈シエラモレナ山脈など)
体の黒色部が小さい。角の間の角度が大きい。
Capra pyrenaica lusitanica Schlegel, 1872 ポルトガルアイベックス(絶滅亜種)
スペイン(ガリシア地方)、ポルトガル北部
角の間の角度が小さい。
Capra pyrenaica victoriae Cabrera, 1911 ビクトリアアイベックス
スペイン中部のグアダラマ山脈
体の黒色部が中程度。角は扁平。

生息[編集]

スペインアイベックスはヨーロッパ南西端のイベリア半島に分布し、もともとは4つの亜種で構成されていた。しかし1892年にはポルトガルアイベックス英語版が絶滅し、2000年にはピレネーアイベックス英語版が絶滅したため、今日でも見られるのは2つの亜種のみである[6]。Western Spanish ibexとSoutheastern Spanish ibexはスペイン大陸部で見ることができたが、今日では国境を越えてポルトガル大西洋沿岸部(ペネダ・ジェレス国立公園英語版)に住みついている[7][要検証]

保全[編集]

グレドス山地英語版のWestern Spanish ibexの子ども

スペインアイベックスの個体数は過去数世紀において著しく減少した。ポルトガル北部のペネダ・ジェレス国立公園英語版やスペイン北西部のガリシア地方にはポルトガルアイベックス英語版が生息していたが、1892年にはこの地域からポルトガルアイベックスが絶滅した。19世紀中頃までにはピレネーアイベックス英語版の生息範囲も大きく狭まっていたが、2000年1月にはオルデサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園で最後のメスの生態が死んだことで、ピレネーアイベックスも絶滅した[8]

人間の人口過剰、動物疾患、家畜や他の有蹄類との争いの可能性、観光や狩猟など人間生活から受ける悪影響など、スペインアイベックスの将来的な保全にはいくつもの脅威が存在する[6]。近年、スペイン南部の個体は疥癬などの病気の流行に見舞われている[8]。感染した個体にとってこの病気は致命的となる可能性があり、オス・メスに不均等に影響することで[9]、個体の生殖活動が制限される[10]

人間との関係[編集]

1990年代以降は生息数が増加傾向にある[1]。亜種ポルトガルアイベックスは19世紀末に、基亜種は2000年に死骸の発見例を最後に絶滅したと考えられている[1]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Herrero, J. & Pérez, J.M. 2008. Capra pyrenaica. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T3798A10085397. doi:10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T3798A10085397.en, Downloaded on 11 April 2017.
  2. ^ a b c d e f g h i j 今泉吉典 「スペインアイベックス」『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1988年、103-104頁。
  3. ^ Sarasa, Mathieu; Alasaad, Samer; Pérez, Jesús M. (2012). “Common names of species, the curious case of Capra pyrenaica and the concomitant steps towards the 'wild-to-domestic' transformation of a flagship species and its vernacular names”. Biodiversity and Conservation 21 (1): 1–12. doi:10.1007/s10531-011-0172-3. 
  4. ^ 復活する絶滅種ナショナルジオグラフィック、2013年4月号
  5. ^ Folch, J., Cocero, M. J., Chesne, P., Alabart, J. L., Dominguez, V., Cognie, Y., Roche, A., Fernandez-Arias, A., Marti, J. I., Sanchez, P., Echegoyen, E., Beckers, J. F., Bonastre, A. S. & Vignon, X. (2009). “First birth of an animal from an extinct subspecies (Capra pyrenaica pyrenaica) by cloning”. Theriogenology 71 (6): 1026–1034. doi:10.1016/j.theriogenology.2008.11.005. PMID 19167744. 
  6. ^ a b Acevedo, P. (2009). “Biology, ecology, and status of Iberian ibex Capra pyrenaica: a critical review and research prospectus”. Mammal Review 39 (1): 17–32. doi:10.1111/j.1365-2907.2008.00138.x. 
  7. ^ たった一つの国立公園ナショナルジオグラフィック、2011年7月号
  8. ^ a b Perez, Jesus M.; Granados, Jose E.; Soriguer, Ramon C.; Fandos, Paulino; Marquez, Francisco J.; Crampe, Jean P. (2002). “Distribution, status and conservation problems of the Spanish Ibex, Capra pyrenaica (Mammalia: Artiodactyla)”. Mammal Review 32 (1): 26–39. doi:10.1046/j.1365-2907.2002.00097.x. 
  9. ^ Sarasa, M., Rambozzi, L., Rossi, L., Meneguz, P. G., Serrano, E., Granados, J. E., González, F. J., Fandos, P., Soriguer, R. C., Gonzalez, G., Joachim, J. & Pérez, J. M. (2010). “Sarcoptes scabiei: Specific immune response to sarcoptic mange in the Iberian ibex Capra pyrenaica depends on previous exposure and sex”. Experimental Parasitology 124 (3): 265–271. doi:10.1016/j.exppara.2009.10.008. PMID 19857492. 
  10. ^ Sarasa, M., Serrano, E., Soriguer, R. C., Granados, J.-E., Fandos, P., Gonzalez, G., Joachim, J. & Pérez, J. M. (2011). “Negative effect of the arthropod parasite, Sarcoptes scabiei, on testes mass in Iberian ibex, Capra pyrenaica”. Veterinary Parasitology 175 (3–4): 306–312. doi:10.1016/j.vetpar.2010.10.024. PMID 21074328. 

関連項目[編集]