ステファン・タタウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステファン・タタウ Football pictogram.svg
名前
本名 Stephen Tataw Eta
ステファン・タタウ・エタ
ラテン文字 Stephen Tataw
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1963-03-31) 1963年3月31日(56歳)
出身地 カメルーンの旗 ヤウンデ
身長 175cm
体重 67kg
選手情報
ポジション DF (右SB / CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1991 カメルーンの旗 トネール・ヤウンデ
1992-1994 カメルーンの旗 オリンピック・ムボリエフランス語版
1995-1996 日本の旗 鳥栖フューチャーズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ステファン・タタウ・エタStephen Tataw Eta, 1963年3月31日 - )は、カメルーンヤウンデ出身の元同国代表の元サッカー選手

経歴[編集]

カメルーン代表のサイドバックとして1990 FIFAワールドカップ, 1994 FIFAワールドカップと2度のFIFAワールドカップに主将として出場。前者では、グループリーグ初戦でディエゴ・マラドーナ擁する前回大会王者のアルゼンチン戦で2人の退場を出しながらも勝利する番狂わせをおこした[1]。準々決勝のイングランド戦で散るも、タタウは全試合に出場しアフリカのチームとして初めてベスト8進出の快挙に貢献したが、後者ではグループリーグ最下位に終わった。

翌1995年に訪日し、鳥栖フューチャーズに加入したが、2年間の在籍でJリーグ昇格を果たすことは出来なかった。フューチャーズの消滅に伴って設立したサガン鳥栖に残留を希望したが結局残留することなく日本を去り、そのまま引退した。

エピソード[編集]

1990 FIFAワールドカップ開幕前に初戦のアルゼンチン戦でゴールマウスを守ると見られていたジョセフ=アントワーヌ・ベルがチーム状態に苦言を呈したことで数人の選手と緊張関係が生じ、それがきっかけとなりトーマス・ヌコノが正GKを務めることになったことやロジェ・ミラの突然のメンバー入りと多くの混乱があったことを後年明かした[2]。また、試合中にアンドレ・カナ=ビイク英語版, バンジャマン・マッシン英語版が退場になり9人となりながらも勝利した要因の1つにポール・ビヤ大統領が観戦していたことを挙げた[2]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

代表
個人

脚注[編集]

  1. ^ "African Lions roar in Milan"
  2. ^ a b "Stephen Tataw : "We Worked Hard for the Victory""

外部リンク[編集]