スタンド!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スタンド!
スライ&ザ・ファミリー・ストーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州サンフランシスコ(1968年秋 - 1969年春)
ジャンル ソウル、ファンク
時間
レーベル エピック・レコード
BN 26456
プロデュース スライ・ストーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 13位(アメリカ[1]
  • スライ&ザ・ファミリー・ストーン 年表
    ライフ
    (1968)
    スタンド!
    (1969)
    グレイテスト・ヒッツ
    (1970)
    テンプレートを表示

    スタンド!』 (Stand!) は、スライ&ザ・ファミリー・ストーン1969年に発表した4作目のアルバム。

    ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において121位にランクインした[2]

    概要[編集]

    レコーディングのほとんどはサンフランシスコのパシフィック・ハイ・レコーディング・スタジオで行われた。3人組のボーカル・グループ、リトル・シスター(Little Sister)が録音に参加している。

    1969年5月3日にリリース。アメリカのBillboard 200で13位、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートでは3位に達した[1]。300万枚以上を売り上げ、1960年代を代表するアルバムのひとつとなった。

    『スタンド!』は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの活動歴のなかで、芸術面で最も高みに昇ったアルバムのひとつであり、多くの重要な曲を収録している。「Sing a Simple Song」や「I Want to Take You Higher」などアップテンポの曲、「You Can Make It If You Try」や「Stand!」など励ましのメッセージ、「エヴリデイ・ピープル」や「Don't Call Me Nigger, Whitey」に見られる政治的・社会的なテーマを含んでいる。

    収録曲[編集]

    作曲は全曲、シルヴェスタ・ステュワート (Sylvester Stewart) (スライ・ストーンの本名)名義、プロデュースと編曲はストーン・フラワー・プロダクション (Stone Flower Productions) のスライ・ストーン名義。

    サイド1[編集]

    1. スタンド! - "Stand!" - 3:08
    2. ドント・コール・ミー・ニガー・ホワイティ - "Don't Call Me Nigger, Whitey" - 5:58
    3. アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイアー - "I Want to Take You Higher" - 5:22
    4. サムバディズ・ウォッチング・ユー - "Somebody's Watching You" - 3:20
    5. シング・ア・シンプル・ソング - "Sing a Simple Song" - 3:56

    サイド2[編集]

    1. エヴリデイ・ピープル - "Everyday People" - 2:21
    2. セックス・マシーン - "Sex Machine" - 13:45
    3. ユー・キャン・メイク・イット・イフ・ユー・トライ - "You Can Make It If You Try" - 3:37

    CD ボーナストラック[編集]

    2007年の限定版再発CDに付加。

    • "Stand!" (モノラル・シングルヴァージョン)
    • "I Want To Take You Higher" (モノラル・シングルヴァージョン)
    • "You Can Make It If You Try" (モノラル・シングルヴァージョン)
    • "Soul Clappin' II (ソウル・クラッピンII)" (かつての未発表作品)
    • "My Brain (Zig-Zag) (マイ・ブレイン(ジグ・ザグ))" (かつての未発表作品、インストゥルメンタル)

    脚注[編集]

    関連文献[編集]

    • Selvin, Joel (1998). For the Record: Sly and the Family Stone: An Oral History. New York: Quill Publishing. ISBN 0-380-79377-6.